星座グループ別【お酒での後悔】牡羊座・獅子座・射手座は飲み過ぎて翌日必ず二日酔い!?

 お酒を好む人は、飲んだあとの後悔を大抵経験しているはず。酔うことで理性や記憶を失い、つい本音が出てしまう人や、何でもOKしてしまう人もいるでしょう。何にはしゃぎ、どうして後悔するのか? 今回は、星座グループ別の特質からお酒の後悔を探ります。

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……ノリでハメを外して後悔

 しらふであってもノリのいい火の星座グループです。お酒を飲めば、さらにノリがアップしてノリノリ状態になってしまうはず。「ここまできたら飲まなきゃ! 楽しまなくちゃ!」と、盛り上がりのままに飲み過ぎる傾向が! 翌日の二日酔いでダウンしたときや、ノリでハメを外したときに後悔するでしょう。飲みっぷりのいい人に飲酒ペースを合わせている自分がいたら要注意です。

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……真面目な話を切り出して後悔

 理にかなうことを求める地の星座グループがお酒を飲むと、本音の部分が出てしまうようです。今の自分にとってのメリットを探り、仕事や将来などの真面目な話を切り出すでしょう。その結果、いい展開に見舞われることがある一方で、無礼講の飲みの場をしらけさせてしまい、周囲から冷たい目で見られることや、相手が話に乗ってくれず、「いわなければよかった!」と後悔することも……。

風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……余計なことを話し過ぎて後悔

 人と接することを楽しむ風の星座グループです。人とお酒を飲んで話しはじめると、話好きが影響し、あとからあとから話題が浮かんでくるのでしょう。あることないことをしゃべりまくり、余計なことを話し過ぎて後悔するでしょう。「理性を働かせていたら、それはいわなかったはず……」という自己嫌悪はあとの祭り。「これからはお酒を控えよう!」と毎回決心する、のんべえも多いでしょう。

水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……情動に走って踏み込み過ぎて後悔

 常日頃から人との心の交流を繰り返している水の星座グループは、お酒の力を得て、悩みや本音を打ち明け、相手への同情から情動に走り、踏み込み過ぎて後悔するでしょう。異性からの相談ごとを受けたときは、同情してなぐさめているうちに、一夜の関係を結んでしまうことも! そこからよき展開がみられればありですが、都合のいい女にされてしまったら、後悔どころの騒ぎではないでしょう。

 お酒を飲めない人からすると、「どうしようもないね」の一言で終わってしまうことかもしれません。けれど、飲める人や飲みたい人は、お酒の後悔にはまってしまうことがあります。健康管理のためにも自分の飲酒キャパを知り、飲んだあとでも自制して、楽しいお酒を楽しみましょう。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事