【金星LOVEメッセージ】1月7日~2月4日の恋愛キーワードは「いい加減」「グローバルな恋」!

――金星は愛の星とよばれ、女性の恋愛傾向や恋愛運をあらわします。約1か月間、1つの星座にとどまります。金星×星座のパワーをうまく使って、恋愛上手になりましょう!

1月7日、金星が「射手座」に入宮

【金星の位置】射手座
【期間】1月7日~2月4日
【キーワード】「グローバルな恋」「体育会系」「いい加減」

 金星が「射手座」に入宮中の期間、恋愛の成功キーワードは「相手に左右されない」です。

 「好きな人に会ったとき、何となく冷たかった……」なんてことをいつまでも気にしていても仕方ありません。あなたの思い過ごしかもしれないし、相手の機嫌がちょっと悪かっただけかもしれません。そんなことで一喜一憂していたら疲れてしまいます。

 相手に左右されないことが大事。いわれた言葉、そのときの態度は、その場ですべて右から左に受け流して忘れてしまいましょう。次に会ったとき、あなたは何も気にすることなく、いつも笑顔で相手に接すること。明るく元気なあなたでいれば相手もそれにつられて笑顔になります。そんなあなたと一緒にいたいと思うようになるのに、時間はかからないはず。

出会いを求めている人は……広い世界に飛び出そう!

 自分のまわりの狭い世界の中で精神衛生上よくない恋愛模様を繰り広げていないで、もっと広い世界に飛び出していきましょう! 射手座金星期は、国境を越えた恋の予感です。海外旅行中に出会って仲よくなったり、日本に仕事や観光にきていた外国人といいムードになったりする可能性大。ストライクゾーンを広げることをオススメします。遠距離恋愛になること必至ですが、ダメかどうかはやってみなくちゃわからない。好きなら国境を越える勢いで!

片思いの人は……執着心は捨て、フットワーク軽く!

 片思いをしているときは、どうしても思いつめた感じになってしまいます。しかし、「ダメだったらどうしよう」という重苦しい気持ちは相手に伝わり、敬遠されることになりがち。射手座金星期は、いい加減になることが両思いになる秘訣です。「断られたらしょうがない、次に行くか」くらい軽い気持ちでいるほうが、恋のチャンスにも恵まれます。執着心は捨てましょう。いい加減は「良い加減」。自分的にもいい加減になったほうが生きやすいものです。

恋人がいる人は……デートはスポーツ系がオススメ!

 射手座は、体育会系。射手座金星期は、相手が年上なら、部活の先輩だと思って相手のいうことには気持ちよく従うこと。逆に相手が年下なら、どんどん指示して物ごとを進めていくこと。間違ったことをしたら、愛をもって厳しく注意しましょう。休日には2人で身体を動かしたり、スポーツ観戦に出かけたりして、熱く盛り上がると恋も盛り上がりそう。テキパキ行動するだけでも気持ちのいい関係が築けます。また、役割分担はしっかりと決めておくこと。
(小泉茉莉花)

▼小泉茉莉花 公式占いサイト『愛と運命の月占術』
小泉茉莉花 公式占いサイト『愛と運命の月占術』
記事が気に入ったらシェア

関連する記事