【1月の惑星予報】夢を現実にする力が与えられる1カ月 2019年の目標は大きく描こう!

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も私たちに影響を与えています。惑星予報で1カ月の星の動きを知り、惑星パワーを上手に使っていきましょう!

2019年1月の惑星予報

『厳粛な新年の始まり』のち、『開放的なムードでハッピーに物ごとが進む』

horo19_1
★1月の注目DAY★
(1)1/3……太陽と土星が重なる。気持ちを引き締めて吉。
(2)1/7……天王星が逆行終了。全天体が順行へ!
(3)1/22……金星と木星が重なる。開放的なラッキーデー!

1月の主な惑星の動き

 2019年スタートは、太陽と土星が重なった状態で始まります。重なる場所は、責任感や社会性を司る山羊座。土星にとっては自分が守護するオウンサイン(本来の居場所)でもあるため、土星が象徴する責任や制限など少し厳しめなムードがいつもより強く感じられるでしょう。とはいえ、それは何かつらい現実が降り注ぐようなものではなく、キリリと襟を正して新年を迎える、というような清冽なイメージです。

 気を引き締めた土星的なムードが弱まってくると、7日には牡羊座エリアで天王星が逆行を終了します。この終了をもって、なんと全天体・10惑星が順行する状態へ。この日あたりからは、物ごとの進みがスピードアップしていくでしょう。

 さらに同じ牡羊座エリアでは、中旬から火星が射手座の金星と調和の角度を形成しはじめます。牡羊座と射手座はどちらも火の星座。天王星順行のスピード感もあいまって、情熱的な恋愛や、趣味・オシャレなどに熱くなれそうな暗示です。

 そして満月を迎える21日頃からは、その2星に射手座の木星も参加して、さらにハッピーで解放的なムードに満たされていくでしょう。

 1月はこの満月が月食、そして6日に迎える新月も日食、という月のサイクルもパワフルでホットな1カ月です。山羊座的責任感と、火の星座のパワフルな行動力を手に入れて、年始からスタートダッシュを決めていきましょう!

1月の注目DAYはこう過ごそう!

(1)1/3……夢と理想の長期目標を思い描いて
 山羊座エリアで太陽と土星が重なります。人生を照らす太陽と、責任・制限を司る土星の組み合わせは、責任感が増すことや社会的成功をおさめるなどの暗示。年始の目標を立てるには最適のときです。特に長期的な計画や目標を設定すると、確実に成し遂げていく力を得られるでしょう。少し厳しげに感じるこの組み合わせですが、今回はそこに「夢と幻想の海王星」が調和するため、土星の厳しさや硬さが和らげられそう。夢や理想をいかに現実的な形にするかを考えるのがオススメです。

(2)1/7……自分革命の総仕上げを意識して
 2018年の8月から逆行を開始していた天王星が順行に戻ります。昨年5月に一度、牡牛座の領域まで進み、現在は牡羊座エリアまで戻ってきている天王星が、また順調に進み始めるタイミング。牡羊座のテーマである「自分革命」の総仕上げとして、あらためて「自立」や「自分とは何か」などを突き詰めておきましょう。2019年3月からは天王星は本格的に牡牛座へ居を移し、「財産や所有」に革命を起こしはじめます。自分らしい「稼ぎ方革命」ができるよう、準備をしましょう。

(3)1/22……やりたいことにチャレンジしよう!
 射手座エリアで金星と木星が重なります。この2つは、古典的占星術において「吉星」と「大吉星」。とてもハッピーで開放的なムードがもたらされるでしょう。さらには、中旬から金星と結び付いていた火星も一緒に調和の角度を作り、そこに月も結び付いて、天空には「火のグランドトライン」と呼ばれる幸運の大三角形が出現します。火の星座の行動力やチャレンジ精神を発揮できるラッキーデー。やりたいことにはぜひトライしましょう!

 毎年お正月の頃は、星が山羊座に集中しやすい季節ではありますが、今年は5~7日に、なんと5星もが山羊座エリアに集中します。ホロスコープの頂点に位置する山羊座は、努力の末、目標を成就させる象徴。年始には、長期計画でかなえるような「壮大な目標」を思い描いてみましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事