血液型【もしもコンビニだったら?】B型はファミリーマート、O型はローソン!?

 食品から生活雑貨、本や雑誌も揃い、公共料金の支払いにATMまで、なんでもある便利なコンビニ。最近は、1人分の食事も充実していて、1人暮らしのお年寄りの利用率も上がっているとか。もし、それぞれの血液型がコンビニだったら……? さっそくみていきましょう!

A型……コンビニの王道「セブンイレブン」

 真摯で真面目なA型は、コンビニの元祖「セブンイレブン」でしょう。業界大手、プライベートブランドも充実し、セブン銀行やnanacoの導入&アプリなど、「これがあったら便利」をかなえてくれるセブンイレブン。数あるコンビニの中で最も「おいしい」といわれる味の安定感は、A型の無理をしない安心感とよく似ているでしょう。

B型……おもしろCMが人気の「ファミリーマート」

 楽しければなんでもOKなB型は「ファミリーマート」です。耳に残り、つい口ずさみたくなる入店音、「男のデザートシリーズ」や定番のファミチキを擬人化したCMなど、奇をてらった商品展開でお客を喜ばせるのが大得意で。話題の最新作とのコラボも商品も、流行を追っかける、ちょっとミーハーなB型と似ているのです。

O型……ショップ展開が幅広い「ローソン」

 誰とでも仲よくなれるO型は「ローソン」です。100円ショップや、ナチュラル志向の店など、地域やニーズに合わせて幅広く展開する企業姿勢は、O型と重なります。チケット販売も早くから始めていて、エンタメに強いのも特徴。看板商品・からあげクンのバリエーションの多さも、話題が豊富なO型に似ています。

AB型……個性的な戦略が光る「ミニストップ」

 一風変わっているけれど、マルチな才能を持つAB型は「ミニストップ」です。イートインや、店内でひと手間加えたフードの提供など、独特の戦略で早くから他店と一線を画してきました。コンビニの枠を超えたサービスでファンを増やしてきたミニストップ。変わった発想をするAB型にどことなく似ているのです。

 それぞれの特徴があり、魅力があるコンビニ。そんなコンビニを見習って、私たちも自分のいいところを自分自身で理解し、伸ばしていきたいものですね。
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事