血液型【老若男女に好かれる】ランキング B型は誰とでもフランク、上下関係も気にしない!

 男性からモテる、同性に好かれるという人はいるでしょう。しかし、年配から子どもまで幅広く愛されるのは、どんなタイプの女性でしょうか? 今回は、老若男女に好かれる血液型を、ランキング形式でお伝えします。

第1位 B型……誰とでもフランクに接する

 気さくで、明るいB型は、人との付き合い方もマイペース。上下関係も意識せず、フランクに人と付き合います。年の離れた人たちとも気軽に接し、子どもとは童心にかえって遊ぶでしょう。相手も、距離感なく付き合ってくれるほうが楽なので、B型は好かれます。いろんな年齢の人たちと友達になることは、B型にとってもプラスになることが多く、刺激的な様子。

第2位 O型……年齢によって、付き合い方を変える

 自分と相手とのパワーバランスを、意識しがちなO型。相手が年上か、年下かによって、付き合い方を変えます。例えば、年上の人には尊敬を持って接したり、年下の人には頼られる先輩として、場を仕切ろうとします。ただし、もともと親分肌なので、年配の人は少々苦手。子どもに対しては、幼稚園の先生のように接し、みんなをまとめる力があるでしょう。

第3位 AB型……広く浅く付き合うが、子どもは苦手

 洞察力がある、AB型。相手とどのように付き合えばベストなのか、見極める力があるでしょう。AB型は広く浅い付き合いが基本なので、どんな人とも対応可能です。新しい価値観や考え方が好きなので、特に年下の人とは積極的に付き合おうとするでしょう。ただし、ルールおかまいなしの子どもが苦手。一定の距離を保つ……なんてことはできない子どもには及び腰になりそう。

第4位 A型……気を遣いすぎて、打ち解けにくい

 年齢差や男性に対しても意識しすぎる、A型。老若男女と交流するには、気を遣いすぎて、疲れるかもしれません。年配の人たちとは、どんな話題がいいのかと考慮しすぎて、なかなか打ち解けにくいでしょう。また、年下の場合は人生の先輩として、どう接すればいいか、と思い悩んでしまう様子。「こうあるべき」にとらわれてしまうA型は、同年代の人との付き合いが気楽でいいようです。

 老若男女に愛されるといえば、赤ちゃん。無邪気で、愛らしい赤ちゃんのように、自然体で接するほうが、好かれるかもしれません。
(金森藍加)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事