【手相占い】まるで天使! みんなを救い、愛される「癒やし上手」な手相

 感情が安定していて、いつも笑顔を絶やさない。包容力抜群で、気配り上手。悩みごとを聞いてくれるなど、天使の属性をたくさん持っている「癒やし上手な人」。もしかして、あなたもそうかもしれません。癒やし上手な人の手相を紹介します。

感情線がゆるやかにカーブしている……人当たりが抜群

 小指の下方、手の平の側面から人差し指方面に伸びる線を「感情線」といいます。感情線がゆるやかに上向きのカーブを描いている人は、思いやりにあふれた人柄で、言葉や行動で上手に愛情表現できるタイプです。もし、あなたがこの相の持ち主であるなら、ソフトで優しい対応が、周囲の心を癒やし和ませているでしょう。

感情線が長く、先が3股に分かれている……気配りができる

 感情線の長さは、愛情深さと比例します。長すぎると愛情深い反面、支配的になりやすく、短すぎるとあっさりした性格に。穏やかで安定した愛情の持ち主となるのは、人差し指の下あたりに伸びる長さ。さらに、感情の線の先が3股以上に分かれていたらサービス精神旺盛。気配りを忘れない人として皆から愛されるでしょう。

知能線が長くカーブしている……優しくて共感的

 「知能線」とは、親指と人差し指の間から手の平を横切って伸びる線のこと。知能線がカーブしながら月丘(小指側、手首上のふくらんだ部分)に伸びている人は、想像力があり、人の立場に立ってものを考えてあげられるタイプ。優しく共感的なので悩みごとを相談されやすく、人から信頼を寄せられやすいでしょう。

神秘十字があらわれている……人を癒やすのが得意

 「神秘十字」とは、感情線と知能線の間にできる十字紋のこと。神秘十字がある人は、神秘的な物ごとに惹かれる傾向があり、インスピレーションも強いとされます。また、慈愛の心があって、奉仕する精神に富んでいるタイプでもあります。あなたの手に神秘十字があるなら、人を癒やし導くことに天性の才能をみせるでしょう。

手が大きくて厚みがある……面倒見がいい

 身体に比較して手が大きい人は、温和で優しく、人をサポートするポジションを好むところがあります。さらに、手の平に厚みがある場合、人情味のあるポジティブな性質が加わります。あなたがこの相の持ち主であるなら、面倒見のいい癒やし系として、多くの人から親しまれているでしょう。

直感線がある……相手の状況を見通せる

 「直感線」とは、水星丘(小指下のふくらんだ部分)と月丘(小指側、手首上のふくらんだ部分)を結ぶ弓状の線のこと。直感線が出ている人は、文字通り直感力に優れていて、物ごとの本質を瞬時に理解することができます。心身の不調にも、その原因を見極めて的確に対処できるので、頼りにされることが多いでしょう。

 この手相を1つでも持っていたら、あなたはれっきとした、癒やし上手な人です。これからも、周囲をヒーリングパワーで包んであげてください。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事