7月28日は水瓶座の月食満月 変化への恐れを手放して、自由な人生を手に入れよう!

 7月28日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】水瓶座
【満月になる時刻】7月28日 5:20
【水瓶座満月のキーワード】「博愛主義」「オリジナリティ」「グローバルな価値観」「仲間・グループ」「IT・テクノロジー」……etc.

 今回は、水瓶座での月食満月です。この月食は日本からも観測できますが、朝方に皆既食となるため、多くの地域では夜明け近くに「食が始まる姿」だけを見ることができる状態です。

 満月が隠れて見えなくなる月食は、占星術上では大きな運気の区切り。しかも今回の月食満月の瞬間は、天の頂上に「水瓶座の守護星である天王星」が君臨し、月と太陽と火星にハードなエネルギーを投げかけてくる「Tスクエア」という配置を形成します。さらに火星は満月にぴったりと寄り添い、獅子座の太陽と真向かいになるホットでスパイシーな配置です。

 水瓶座はもともと「革命・革新」というキーワードがある星座。とてもフラットでグローバルな視点を持ち、古い因習を打ち破るエネルギーを持っています。そんな水瓶座満月に、「皆既月食」&「火星の重なり」&「天王星Tスクエア」と、ここまでパワフルな条件が揃ったら、星たちのエネルギーに翻弄される前に、自ら「革命」を誓うのが吉。

 自分を縛っているしがらみを積極的に手放して、自由でフラットな視野の獲得を目指していきましょう!

水瓶座満月にオススメの手放しテーマ

 水瓶座の満月は、上記のほかに「斬新なアイデア」や「ハプニング」など、想定外の物ごとに対しての「恐れ」を手放すことに最適です。「古い思い込み」や「無駄な常識」なども打破できるタイミング。また「変化すること」や「未来志向」に関する苦手意識も、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。

★水瓶座満月の手放しテーマ★
「世間体や常識に縛られすぎている」
「上司や年上の人など権威的存在に弱い」
「PCやモバイルツールなどに苦手意識がある」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

水瓶座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような水瓶座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★水瓶座満月の改善ワーク★
「自分の個性や独創性をもっと表に出す」
「楽しい仲間をたくさん作る」
「変化を恐れずに自由に生きていける人間になる」……etc.

 水瓶座満月は、気の合う仲間や目的が共通しているグループと過ごすといい日です。イベントなどの企画ごとや、自分が目指しているものなどに関して話し合うと、思いもよらないアイデアが湧いてくるでしょう。そこから「自分が手放すべきもの」や「革命したい方向性」などがより明確に見えてくるはず。1人で過ごす人は、インターネットで情報収集をしたり、SNSで人と交流をしてみてください。

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら心の深いところまで光がしみこんでいくイメージをもってみてください。万が一、曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取りましょう。

 この満月にエネルギーを注ぐ火星は、31日に地球に最接近するため、現在とても大きく見えています。火星は行動力や決断力を司る星。夜空に輝く真っ赤な火星を見ながら、満月での手放しや革命への勇気をもらいましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事