【7月の惑星予報】じっくりと物ごとが進む1カ月 深めたいことはとことん追求しよう!

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も私たちに影響を与えています。惑星予報で1カ月の星の動きを知り、惑星パワーを上手に使っていきましょう!

7月の惑星予報

『ゆっくりじっくり時が進む』ときどき『愛情の交流が深まる』

horo18_7
★7月の注目DAY★
(1)7/10……金星が乙女座に移動。誠実な愛の日々がスタート。
(2)7/11……木星逆行終了。蠍座木星期の仕上げへ。
(3)7/28……水瓶座で月食満月。インパクトの強い出来事がありそう。

7月の主な惑星の動き

 7月は、6星が逆行している状態で始まります。中旬には木星が順行に戻りますが、下旬には水星が逆行を開始するため、合計6星が逆行するという状態は7月の終わりも続きます。

 その中でも影響が大きく感じられるのは、7月中ずっと続く水瓶座での火星逆行でしょう。火星はもともと行動力や決断力、怒りなど強いパワーを司る星。それが逆行しているということは、そうした力が遅滞、停滞する暗示となります。火の力がくすぶるイメージなので、物ごとが思うように進まなかったり、フラストレーションをため込むようなことが起きるかもしれません。特に7月末には、その火星のそばで水瓶座の月食満月も起こります。その前後は影響を強く感じられることが起こるでしょう。

 しかし7月は、そうした停滞イメージだけがあるわけではありません。おだやかに愛を感じられる運気も同時に進行します。それは「愛と養育の星座・蟹座」に入った太陽や、10日以降に「奉仕と管理の星座・乙女座」に入った金星などが、やさしい調和の角度を結ぶからです。身近な人との愛情や絆の深さがクローズアップされる出来事を感じられる日々となるでしょう。

 惑星逆行が多いため、物ごとの進みはゆっくりになりますが、その分じっくりと味わえる情緒や、環境を整える機会などに恵まれます。自分にとって本当に大切なものや、変えてはいけない関係性などをじっくり確認しながら進みたい1カ月です。

7月の注目DAYはこう過ごそう!

(1)7/10……身近な愛情を大切に感じよう
 金星が地の星座である乙女座に移動します。地の星座グループは、5月に天王星が入った牡牛座や、土星&冥王星の滞在によりエネルギッシュになっている山羊座が、現在エネルギー活性化中。乙女座に入る金星は、この日から次々にその星たちと調和の角度を結んでいきます。さらには、蠍座の木星、魚座の海王星もそれをバックアップする配置。誠実で清らかな愛の季節となるでしょう。ここにいない誰かではなく、身近な愛に目を向けてみて。

(2)7/11……蠍座木星期のラストスパート開始
 3月上旬から蠍座エリアで逆行していた木星が順行に戻ります。木星は昨年の10月に蠍座入りし、「深い絆を結ぶこと」や「物ごとを追求し深めること」などをパワーアップさせてきました。逆行が終了することで、木星は次の移動が起こる11月までに、そうした蠍座的テーマの仕上げに入ります。昨年秋から始めたことや、そのときに誓ったことなどはこれから順調に発展する暗示。深めたい関係性や探求したい物ごとなどがある人は、この日からスパートをかけて。

(3)7/28……対立や葛藤があっても逃げないで!
 水瓶座エリアで月食満月が起こります。月食は、通常の満月よりも大きな運気の区切り。しかも逆行中の火星と重なった状態で起こるため、かなりインパクトのある満月となるでしょう。この日の月は、獅子座の太陽や牡牛座の天王星と不穏な角度を結んでいます。自分の個性を表現することや、社会や仕事との関わり方について、対立や葛藤、もしくは新たな気づきなどがありそう。たとえハードな出来事があっても、この日の気づきは、後々生きるはずです。

 夏本番の熱いシーズンを前にして、自分の内面や生活環境などを整えることができる1カ月です。梅雨明けとともにパワー全開で夏を迎えられるよう、7月の惑星パワーで深めたい物ごとや愛情に向き合ってみてください。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事