6月28日は山羊座の満月 厳しすぎるハードルを手放して、確かな結果を手に入れよう!

 6月28日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】山羊座
【満月になる時刻】6月28日13:53
【山羊座満月のキーワード】「社会的評価」「結果を出す」「責任感」「伝統的なもの」「長期的な計画」……etc.

 今回、満月を迎える星座は山羊座です。昨年末に土星が入ったことと冥王星が長期滞在していることにより、激しくパワーアップしているエリアです。

 しかもこの満月は、土星とタイトに重なります。土星は山羊座の守護星でもあるので、山羊座的テーマである「仕事」や「責任感」に関することは、ダブルでパワーがはたらくと考えていいでしょう。土星は、責任や制限など厳しいテーマを持つ星ですが、頑張った人にはこの上ないご褒美を与えてくれる「具現化の星」。手に入れたい社会的評価や、長期目標で結果を出したいことなどを見直すのがオススメです。

 合理性が高まる山羊座満月は「必要なもの」と「不必要なもの」を見分けて手放すのにも最適なとき。手に入れたい結果に向けて無駄なく進んでいけるよう、手放し&改善を誓ってみましょう!

山羊座満月にオススメの手放しテーマ

 山羊座の満月は、「社会的野心」や「仕事全般」に対して足を引っ張っている悲観的、消極的な思考の手放しに最適です。また、山羊座の守護星であり今回活躍する土星は「時の神・クロノス」。「時間の管理」や「長期的に継続すること」に関する苦手意識も、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。

★山羊座満月の手放しテーマ★
「必ず成し遂げたいと思うあまり、慎重になりすぎてしまう」
「内気すぎて自分の野心や願望を表に出せない」
「自分へのハードルが厳しすぎて行動できない」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

山羊座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような山羊座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★山羊座満月の改善ワーク★
「目標に向けてストイックに進める人になる」
「無駄な時間や行動を手放す勇気を持つ」
「長期的スケジュールを立てて最後までやり遂げる」……etc.

 満月は本来、人と楽しく過ごせるタイミングですが、シャイになりやすい山羊座満月は、1人で過ごすほうがオススメ。具現化がテーマとなる今回は、問題点や改善点を実際に紙に書き出してみると、予想以上にスッキリとこの先やるべきことがみえてくるでしょう。紙に書き出すのは、月光浴の前でも後でも大丈夫です。

 手放し&改善ワークは月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージをしながら行いましょう。万が一、曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

 この日は晴れていれば、月のそばに輝く土星も実際に見ることができます。土星の具現化パワーを意識しながら、この先のことをよりよく改善していってください。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事