血液型【プレッシャーに弱い】ランキング AB型は繊細すぎるため重圧に負けてしまう

 「いざ本番!」となると、思うように実力が発揮できない。緊張して、うまく自分を表現できない……ということはありませんか? プレッシャーに弱い血液型を、ランキング形式でお伝えします。

第1位 AB型……繊細すぎるため、重圧に弱い

 クールで論理的なAB型ですが、かなり繊細な性格。ちょっとしたことで、気持ちが不安定になりがちです。重圧がかかる場面では、その繊細さがアダとなってしまいます。感情が乱れて、集中力を欠いてしまうこともあるでしょう。また、人に悩みを打ち明けないため、不安をため込みやすい面も。大きなプレッシャーが長くかかる状況は。避けるほうがベターです。

第2位 A型……人からの評価が気になる

 コツコツと努力をし、準備も怠らないA型。しかし、いざ大きな舞台に立つと、緊張して成果を発揮できないことも。A型が緊張するのは、周囲にどうみられるかなど、人の評価が気になるから。また、相手の意見に左右されやすいため、自信を失いがちです。少しでもプレッシャーを減らすためには、頑張りすぎず、「まあ、いいか」とできない自分を認めてあげましょう。

第3位 O型……虚勢を張ると失敗する

 ポジティブで、精神的にもタフなO型。プレッシャーに弱いタイプではありません。どんな状況でも、最善を尽くしたいと前向きに頑張るでしょう。そんなO型でも、プレッシャーに負けてしまう場合があります。それは、実力以上に自分をよく見せようとするとき。負けず嫌いのO型は、ついつい虚勢を張ってしまいがち。そんなときは気持ちが焦り、散々な結果になってしまうことも……。

第4位 B型……自分を信じる力が強い

 「人にどう思われるか」「どうしても負けたくない」という気持ちが強すぎると、プレッシャーがかかってきます。しかし、人に縛られたくないB型。マイペースで自分が大好きなので、他人からどう見られるかなど、あまり考えないでしょう。結果も重要ですが、B型は失敗しても、「次こそ、うまくいく」と楽観的。自分を信じる力が強いので、プレッシャーをはねつけることができるはず。

 プレッシャーを克服しようとするのはいいのですが、無理をしすぎるのは禁物です。焦らず、負担が大きくなりすぎないように気をつけましょう。また、体調が悪くなるほどのプレッシャーなら、その状況を回避することも必要です。
(金森藍加)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事