【12星座のトリセツ】同じ星座でも性格が違うのはなぜ? あなたにも違う星座の要素があった!

 『12星座のトリセツ 全ての星座を大解剖』(占いTV:uranaitv.jp)では、毎回1つの星座にフォーカスし、星座の特徴を徹底的に分析している。第1回目は「射手座」、第2回目は「牡牛座」を取り上げたが、「自分とは違う星座だから」と見過ごした人もいるのでは? でも、それはもったいない! なぜなら、射手座や牡牛座ではないあなたにも、射手座や牡牛座の要素があるかもしれないからだ。

自分の星座をすべて知っている人は少ない

10天体の位置を示したホロスコープ
10天体の位置を示したホロスコープ

 「何座ですか?」と聞かれれば、自身の誕生日から「蠍座」とか「双子座」と1つの星座で答える人が多いだろう。「それは『太陽星座』といって、生まれたときの太陽の位置を示したもの」と、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー 知性派アストロロジャー・SUGARは解説する。

 「本来の占星術は太陽だけでなく、生まれた瞬間の太陽系10天体の位置を使ってその人の人生傾向や運勢、性格などを読み取ります」とSUGAR。ちなみに太陽系10天体とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星を指し、地球から見たこの10天体の位置を表した図が「ホロスコープ」である。西洋占星術ではこのホロスコープを使って鑑定するが、10天体すべての星座を読み解くのは非常に複雑。そこで簡略化されたのが、テレビや雑誌でよく見かける、太陽星座で占う「12星座占い」なのだ。

 そしてSUGARによると、「ホロスコープで10天体が1つの星座に集中して配置することはまれで、誰でもいろんな星座の性質をもっている」のだとか。つまり、太陽以外の天体の星座も理解しておくと、より詳しく、深く、運勢や性格がわかることになる。

 自分や気になる人のホロスコープを確認しながら『12星座のトリセツ』(占いTV:uranaitv.jp)を見れば、新たな一面を知ることができるかも。
(スギハラ)

12星座のトリセツ!

12星座のトリセツ!

星座ごとに性格・恋愛・結婚・仕事まで徹底解説!
前代未聞の星座バラエティー番組

オンデマンド放送を見る
記事が気に入ったらシェア

関連する記事