12星座【恋のヒロイン】ランキング 魚座は恋に翻弄されるはかなき恋のヒロイン!

 恋をすると、目の前の恋愛以外のすべてが色あせて見えて、過去の恋の記憶を抹消し、「これこそが私の恋……本物の恋なのね!」というドラマチック、恋のヒロインになりきる幸せ者が存在しています。そんな幸せ者が多いのは何座でしょうか? ランキングで見てみましょう!

第1位 獅子座……幸せも不幸も恋のヒロインの証

 ハイスペックな自慢の恋人も、大言壮語に夢を語るロースペックな恋人も、獅子座にとっては同じようなもの。人がうらやむ幸せそうな恋も、誰もが眉をひそめそうな苦労の恋も、獅子座が主役を張るステージの1つでしかありません。「こんな男を愛した私」に満足します。恋の終わりは新しい自分との出会いなのでしょう。これこそが運命の恋という思いのままに、服を着替えるように恋によって演じる自分を変えていきます。

第2位 天秤座……2つの選択肢に揺れる恋のヒロイン

 相手を意識する天秤座は、自分が必要とされるシチュエーションを好みます。紳士的でスマートな異性に惹かれますが、ときに、荒々しさを感じさせるワイルドなタイプと結ばれることもあるようです。自分をめぐる2人の異性の戦いは、甘い蜜のように感じられるのでしょう。勝ったほうに選ばれる自分なのか? 自分が負けたほうを選ぶのか? 恋のヒロインとしての天秤座は、相手主導と自分主導の2つの選択肢で揺れ動くのです。

第3位 魚座……恋に翻弄されるはかなき恋のヒロイン

 お悩み相談の相手と結ばれてしまうことの多い魚座です。人の気持ちに寄り添いながらシンパシーを感じ、そのまま恋の運命へと進んでいくのでしょう。「この人こそ、きっと……」という淡い期待から、「この人が運命のパートナーだ!」というのめり込み状態に進みます。また、恋人がいるにも関わらず、別の異性の相談に向き合ううちに、秘密の関係が生まれ、複数の人を愛し愛された、いけない恋のヒロインの立場に溺れるでしょう。

 第4位は、理想を求める乙女座。恋人に願いを託しながら、夢を見続けるために奔走する恋のヒロインに。第5位・恋のハンター射手座は、ターゲットをロックオンするたびに、新しい恋に夢中になって、短い恋のヒロインと化すでしょう。

 第6位・結婚を視野に入れる山羊座は、相手に裏切られたときだけ悲恋のヒロインに……。第7位・すべての愛を注ぐ蟹座は、恋のハッピーエンドにも、バッドエンドにも、莫大なエネルギーが放たれる恋のヒロインです。

 第8位の水瓶座は、恋もクールに決め込みたいので、ヒロインは辞退するでしょう。第9位は、一夜の恋に身を焦がす牡羊座。恋のヒロインになる前に次の恋に進みます。

 第10位・泥沼状態を恐れる双子座は、恋のヒロインになりそうだと感じると、そそくさと退散! 第11位の牡牛座は、恋をしても落ち着いています。ヒロイン気分にはなりにくいでしょう。

 そして今回、第12位に輝いた蠍座は、「恋のヒロイン云々」という話にピンときません。なぜなら、蠍座の恋はエンドレスなので、恋のアップダウンに影響を受けている場合ではないからです。一度愛を捧げると誓ったら、死ぬときまで2人は一緒。恋の主役は2人がセットなのです。

 恋のヒロインに憧れる女性は多いでしょう。けれど、まったく憧れることのない人もいます。いずれにしても、あなたの人生のヒロインはあなた自身。泣こうが笑おうが、あなたの代役はいません。明るい未来の主役になれたらいいですね。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事