12星座【ことなかれ主義】ランキング 双子座は要領のいい、その場しのぎの名人!

12星座【ことなかれ主義】ランキング 双子座は要領のいい、その場しのぎの名人!

 週刊少年ジャンプ編集部の全面協力が話題になっているテレビ東京のドラマ『オー・マイ・ジャンプ!』。主演の伊藤淳史さんが演じているのは、リスクは避け、面倒なことが大嫌いな「ことなかれ主義」のサラリーマンです。夢中になって漫画を読んでいた子ども時代とは違って、大人になってからはすっかりことなかれ主義になってしまったなと感じている人も実は多いのでは? ことなかれ主義な星座をランキングで紹介します。

第1位 天秤座……自分が悪くなくても謝る主義

 いつ見ても涼しげな雰囲気を身に纏っている天秤座ですが、実は大の面倒くさがりです。逆から言うと、涼しげな自分でいるためにも、面倒ごとを避けたいといったところでしょうか。争いごとや揉めごとを極端に嫌うので、「面倒なことになりそうだな」という予感がしたら、さっさと謝っちゃう主義です。自分に非がないとしても、揉めるくらいなら、形だけでも謝り、さっさと済ませたほうが気楽という考え方なのでしょう。

第2位 牡牛座……気力・体力を消耗したくない

 「金持ち喧嘩せず」ということわざをモットーとしている星座です。もちろん、牡牛座の人すべてがお金持ちとは限りません。実際には小市民だとしても、事を荒立てるのは見苦しいという価値観で生きています。大騒ぎしたところで、気力・体力を消耗するだけで、そこに何らメリットがないことを知っているのでしょう。第1位・天秤座も、第2位・牡牛座も、美の天体・金星を守護星とする星座ですから、優雅であることを美徳としているのです。

第3位 双子座……その場しのぎの名人

 12星座イチお調子者……もとい要領のいい双子座は、「その場しのぎ」の名人です。そのうえ話術にも長けているので、うまいこと言って先送りにしてしまうでしょう。たとえば、ほんのちょっとの期間だけ付き合ってみたけれども、「やっぱり合わないかも」「なんか違う」と感じた相手に対して。「私たちって、ちゃんと付き合っているわけじゃないよね」と、かなり強引なことなかれ主義を炸裂させます。相手が納得していなくても、「そのうち連絡するよ」と言って、行方をくらますことも……。

 第4位の水瓶座も、「もうこの人とはやっていけない」とジャッジした瞬間、別れ話の時間を設けることすらもったいないと感じます。「返事がないことが返事と思ってください」ってやつです。第5位は、魚座。双子座や水瓶座とは真逆のことなかれ主義で、恋人から「俺たち付き合っていたっけ?」とか「返事がないことが返事」という態度をとられると、傷つきたくないので、「彼とのことはなかったことにしよう」と言い聞かせます。

 第6位は、獅子座。結果的には魚座と同じ、「彼とのことはなかったことにしよう」タイプですが、違うのは動機! 相手にもう好意がないのに、自分だけが引きずっているだなんて、エベレストよりも高い獅子座のプライドが許さないのです。第7位の射手座は、なんでもかんでも棚上げするのが大得意。「ま、その話は置いといて……!」と、しれっと話題を切り替えます。

 第8位の乙女座は、「傷つきたくないから、彼とのことはなかったことに」などと言っている女友達に対し、「そんなんじゃダメよ!」と説教をくらわしたくなるようなタイプです。第9位は、蟹座。ことなかれ主義ですませようと頭ではわかっていても、家に帰って1人になるとついフラッシュバックし、「やっぱりきちんとさせたい!」と思うのでしょう。

 第10位は、山羊座。たとえば社内で「なあなあ」になっているような不正事項をほっとけない性格。匿名での社会告発を行なうでしょう。第11位の蠍座は、たとえば恋人がことなかれ主義で自然消滅に持ち込まれたら、末代まで呪うくらいの勢いです。

 そして第12位は、牡羊座。子どもの頃から熱い性格でした。クラスにいじめられっ子がいたとしましょう。「あと数カ月で卒業だし」と当人が諦めていても、牡羊座はほっとけません。「あと数カ月でも、このままじゃいけない!」と、いじめっ子たちを成敗するでしょう。見て見ぬふりをしているクラスメイトも、牡羊座の感覚では同罪なのです。

 現代人は、きちんと向き合って話すことが、もしかすると苦手なのかもしれません。そのため、ついことなかれ主義になりがちです。すべての物ごとに関わり合いになる必要はないですが、罪悪感が残るくらいなら、きっちりケジメをつけることも必要なのでしょう。
(菊池美佳子)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事