11月22日、太陽が射手座へ 落ち着いた行動力をアロマでサポートしよう!

aroma1711

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 11月22日、蠍座にいる太陽が「射手座」に移動します。その後12月22日までは、射手座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

射手座太陽期の特徴
【今回の太陽の位置】射手座(火のエレメント)
【期間】11月22日~12月22日
【ポジティブなメンタル症状】楽天的になる、高度な学びを深められる
【ネガティブなメンタル症状】無責任になる、今ここではないどこかへ意識がいってしまう

 射手座は、「夢と理想」を追い求めるパワーが強い星座。宗教や哲学など、高度で精神性の高い学問とも縁があります。また、海外や異文化などの「遠い世界への冒険心」を刺激するようなことがらも射手座の得意分野です。

 そのため、射手座太陽期は前向きで楽観的な気持ちになれますが、ともすればそれは無責任で無鉄砲な状態になりかねません。夢や理想を追う姿勢は、行き過ぎると現実をまったく見ずに「どこかにある理想郷」だけを見つめるようになってしまいます。

 そんな射手座太陽期の特徴をよりよく活かせるよう、安定感と堅実な行動力をアロマでサポートしていきましょう。

牡羊座・獅子座・射手座(火のエレメント)……ベンゾイン

 火のエレメントの人たちは、今回の射手座太陽期の影響をもっとも受けることになります。前向きなパワーが増すので、浮ついてしまわないよう気持ちを落ち着けていきましょう。オススメのアロマは、安息香の名を持つ「ベンゾイン」。樹脂からできたベンゾインは、鎮静や瞑想を促しつつも、火のあたたかさも兼ね備えた太陽のアロマです。夜のおやすみ前に使うと、翌日にはスッキリと落ち着いた状態で持ち前の行動力を発揮できるでしょう。

牡牛座・乙女座・山羊座生まれの人……マジョラム

 真面目な地のエレメントの人たちは、射手座の楽観的パワーを「いい加減」と思ってしまいがち。でもその楽観性こそ、地の人たちには必要なものです。この時期のエネルギーをよりよく使っていけるよう、射手座の守護星である木星のアロマ「マジョラム」を使ってみましょう。心地よいあたたかさをもたらすマジョラムは、おおらかで精神性の高い木星のパワーを授け、落ち着きながらも、未来志向で生きることをサポートしてくれます。

双子座・天秤座・水瓶座(風のエレメント)……タイム

 射手座エネルギーが持つ向学心と、とても相性のいい風のエレメントの人たち。この時期は浮ついた行動をしてしまうことに注意が必要ですが、優良な情報や学びが得られるいいタイミングです。冷静な判断力と知的刺激をうながす「タイム」を使ってみましょう。タイムは、リフレッシュ効果を与えながらも、心身をあたためる作用を持ちます。落ち着いた状態で頭脳の活性化をうながしてくれるので、いつも以上の実力を発揮できるはず。

蟹座・蠍座・魚座(水のエレメント)……クローブ

 情緒的でおだやかな水のエレメントの人たちは、思い切りよく理想の矢を放つような射手座パワーには抵抗感も抱きがち。この時期は、情熱的な開放感を楽しめるように、火のパワーを持つアロマ「クローブ」を使ってみましょう。ピリッとスパイシーなクローブは、情熱の活性化に最適。ウイルスと戦う強さもあるので、水の人たちの冷え対策にもオススメです。心身ともにホットに刺激されることで、いつもより開放的になれるはずです。

 太陽が射手座に入ると、街はクリスマス一色に染まっていきます。楽しさや宗教性の高さを象徴する射手座にはぴったりのシーズンです。この影響は太陽が山羊座に移動するクリスマス直前まで続きます。サポートアロマを使って、地に足をつけながらも開放的に年末へのシーズンを楽しんでいきましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事

番組を見る