【手相占い】まさに忠犬ハチ公! 心変わりとは無縁な忠実忠誠を貫く手相ベスト3

【手相占い】まさに忠犬ハチ公! 心変わりとは無縁な忠実忠誠を貫く手相ベスト3

 飼い主の死後も、その帰りを駅で待ち続けた忠犬ハチ公。お出迎え期間はなんと10年にもおよび、その間、心ない人からの虐待も度々あったといわれています。天国の飼い主もさぞ心配したことでしょう。さて、何があっても忠誠を貫くのは犬ばかりではありません。人間にもハチ公のような人がいるものです。今回は、忠実さをあらわす手相をランキングで紹介します。

第1位 感情線が人差し指のつけ根に届く……一途で献身的

 「感情線」とは、小指の下から人差し指方向に向かって伸びる線のこと。感情線の先端がどこに位置するかで、愛情エネルギーをはかることができます。感情線の先端が人差し指のつけ根に届く人は、愛情深くて誠実なタイプ。一度「この人」と思い定めたら、その人以外は目に入らなくなり、「愛は盲目」状態に陥るでしょう。ハチ公が雨の日も風の日も日参し続けたように、何があってもめげることなく、ひたすら献身的で一途な愛情を捧げるのです。

第2位 第二火星宮が発達している……忍耐強い

 「第二火星宮」とは、小指下のエリアで、感情線のすぐ下の部分のこと。大きく発達する場所ではないので、ふくらみが感じられたら発達していると見なします。第二火星丘は忍耐力や信念が宿る場所であるため、ここが発達している人は心が強く、ちょっとやそっとのことでは気持ちが揺らぎません。大好きなご主人さまに対する信頼感を生涯持ち続けたハチ公のように、「いつか必ず」を信じて生きることができます。いくら踏みつけにされても変わらないのです。

第3位 金星丘が発達している……情が深い

 金星丘とは、親指のつけ根の横、生命線の内側に広がる部分のこと。金星丘は愛の女神・ヴーナスが司る丘であり、ここが発達している人は愛情が豊かです。故郷や肉親との縁も強まります。もし、あなたの金星丘の肉付きがよく、ふくよかだったら、あなたは人一倍情が深くて、愛に生きる人でしょう。大切な人にはとくに温厚で寛大で、相手のすべてを包み込むこともできるでしょう。献身的に相手に尽くして、相手からも同じくらい愛されることを望むのです。

 現代社会において、忠実さという美徳はあまり評価されませんが、忠実であるということは、その人があたたかい真心を持っていて、誠実であるということの証です。誰もが、互いにとって忠実な存在でありたいですね。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事