【心理テスト】“歯”について気になることでわかる、もしものときに備えたいこと

【心理テスト】“歯”について気になることでわかる、もしものときに備えたいこと

結果

診断できること
「もしものときに備えたいこと」

 生きるための食べものを咀嚼する歯は、攻撃力や生命力を意味します。歯のことで気になるものは、あなたが生きるために欠かせないことに通じ、もしものときに備えたいことに結びつけられるのです。さっそく答えをみてみましょう。

A:歯茎……すべてを手放す覚悟

 歯茎が弱まったり、歯槽膿漏などの病気を患ってしまうと、キレイに丈夫に生えていた歯もぐらつき、最後には抜け落ちてしまいます。歯茎を選んだあなたがもしものときに備えたいのは、すべてを手放す覚悟でしょう。いざというときは守りに徹するか、すべてを捨てて逃げ切るか、敵がいたら戦うかしかありません。いつでも手放せるように、持っていたいものを厳選しておきましょう。

B:虫歯……まとまったお金

 痛みを感じるのはもちろん、蝕まれた歯の違和感が気になる不快な虫歯。咀嚼も困難になり、健康状態を損ねる原因にもなりかねません。虫歯を選んだあなたがもしものときに備えたいのは、まとまったお金でしょう。歯がなければ噛めないのと同じで、先立つもの「お金」がなければ何もできません。お金を貯めながら、長く愛用できるものを大切に使い、すべてを財産として扱いましょう。

C:歯並び……タイムリーな情報とアイデア

 歯並びは、噛み合わせや噛み癖、寝ているときの歯ぎしりなどでも変化します。毎日の少しずつの圧力が、歯を動かすのでしょう。歯並びを選んだあなたがもしものときに備えたいことは、タイムリーな情報とアイデアです。刻々と変わる最新情報を知り、今この瞬間に必要なアイデアを生むことで、窮地を乗り越えられるでしょう。タイムリーな情報をいつでも得られるようにしておきましょう。

D:歯の色……頼れる人間関係

 歯の色は、コーヒーや紅茶などの色素沈着や磨き残しなどで変わってくるでしょう。しっかりメンテナンスを行うには、プロのクリーニングを受けながら毎日のケアを行うことが欠かせません。かかりつけの歯科があると心強いでしょう。そんなあなたがもしものときに備えたいのは、いざというときに頼れる人間関係です。日頃から適度なお付き合いをして、信頼関係を築いておきましょう。

 答えの4つは、どれも備えておければ安心なものばかりです。「いざというとき」はこないことに越したことはありませんが、100%こないとはいい切れません。日頃から心積もりをしておくことが一番大切なことなのかもしれません。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事