【1月の開運方位】ラッキー方位は「北西」、寺社仏閣を巡って運気を上げよう!

――運気を上げたいなら、ぜひ「吉方位」へ出かけましょう! 月によって変わる吉方位を活用すれば、レジャーを楽しみながら開運効果を得ることができます。また、訪れた先で開運アクションを行うことで、運気上昇パワーがさらに増幅しますよ!(方位の詳細はこちら

2019年1月の開運方位は?

ラッキー方位は「北西」
神社仏閣を巡って運気を上げよう!
hoihyo02-hokusei

「北西」は、物ごとが整う方位

 1月の開運方位は「北西」。「四緑木星」に影響を受け、「結婚」「信用」「商売」「旅行」などをあらわします。こちらを訪れることで、あらゆる物ごとが整っていきます。仕事相手や目上の人からの信用が増し、取引や交渉が成立しやすくなるでしょう。愛情面では縁談がまとまり、結婚へと結び付く場合も。中でも今月は、自宅から少し距離のある、神社仏閣の多いスポットがオススメです。

神社仏閣巡りに出かけよう!

 四緑木星には「遠方」、また「神社」という意味もあります。よって1月は、「遠方にある神社仏閣巡り」が、いい運気を運んでくれるのです。1泊でもいいので、小旅行を楽しむつもりで宿泊するといいでしょう。ラッキーアクションは、少し贅沢をして有名ホテルや名旅館に泊まること。難しければ、ホテルのラウンジか高級レストランでお茶や食事を楽しみましょう。北西の象意である「高級なもの」に触れることで、吉方位のエネルギーをさらに取り込めます。

部屋にも開運パワーをチャージ!

 吉方位に行けない人は、北西の象意である「光りもの」を飾ることで開運パワーを呼び込めます。シルバーやゴールド、宝石のようにキラキラと輝くアイテムが運気を上げ、いいチャンスをもたらしてくれるでしょう。また、1月は四緑木星の影響があるため、インテリアにグリーンを取り入れるのも◎。部屋を整理整頓し、北西または玄関に観葉植物を置くと、家の気が整います。

 新しい年は心機一転、すがすがしい気持ちでスタートさせたるためにも、年の始めに吉方位を訪れ、2019年を精力的に過ごすパワーをいただきましょう。心にある願いや希望も、きっとスムーズにかなっていきますよ!
(明石実夕)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事