血液型【年始のあいさつ】あるある AB型はSNSの「おめでとう投稿」で完了!

 「あけましておめでとうございます」という年始のあいさつは、「これから1年、よろしくお願いします」という気持ちを込めて伝えたいですね。年賀状が定番ですが、最近はメールやSNSでのあいさつも増えています。血液型別に、年始のあいさつあるあるを紹介しましょう。

A型……年賀状をちゃんと元旦に届くように準備

 スマホ普及により、メールでの年始のあいさつも当たり前になりましたが、伝統を大切にするA型は、きちんと年賀状を送るでしょう。メッセージは送る人に合わせて、1つ1つ手書き。元旦に届くよう、12月半ばまでには投函します。面倒に思える年賀状を送る作業ですが、A型にとっては、新年を迎える準備の1つなのです。

B型……LINEやメールで連絡

 タイムリーな行動が好きなB型。年始のあいさつも、「新年を迎えたタイミングでしたい!」と考えています。そのため、1月1日0時になったら速攻、友達にLINEやメールで新年のあいさつをするでしょう。干支や正月スタンプ、豪華なアスキーアートをあらかじめ用意して、コピペして送りまくるのです。

O型……年が明けて会った先であいさつ

 ズボラなO型です。新年だからと律儀に年賀状を出したり、メールを送るマメさはありません。会社関係者は、仕事始めで顔を合わせて初めて年始のあいさつ。友達にいたっては、会う予定がなければ、あいさつしないまま。あまりの適当さにあきれる人もいますが、そこは持ち前のノリのよさで乗り切ってしまうのです。

AB型……SNSでまとめてあいさつ

 礼儀は気にするけれど、効率重視のAB型。何十通にもわたる年賀状やメールは、正直面倒くさいと思っています。そのため、年賀のあいさつはFacebookやInstagramといったSNSのおめでとう投稿のみ。写真や文章での自己アピールも忘れません。新年を迎えたら更新して、みんなへの年始のあいさつ完了です。

 新しい年を迎えるあいさつは、どんなかたちであれ、普段の感謝や、これからお願いしますという気持ちを込めてするように心がけたいもの。年始のあいさつをきちんとして、晴れやかな1年を過ごしましょう!
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事