12星座【超常現象に興味津々】ランキング 射手座にとってはプライスレスな未知への冒険!

 12月7日公開の映画『来る』は、最強ならぬ“最恐”エンターテインメント! 作品のメインテーマとなっているのは、相次いで起きる超常現象としかいいようのない怪奇な出来事です。あなたは超常現象に興味がありますか? 超常現象に興味津々な星座をランキングで紹介しましょう。

第1位 蠍座……オカルト体験ウェルカム!

 冥王星を守護星に持つ蠍座は、まさしく「冥界」に関して関心を抱かずにはいられない星座です。死後の世界があるかないか、こればっかりは死んでみないことにはわかりません。ですが蠍座は、死後の世界は必ずあると、根拠はなくとも確信しています。だからこそ、オカルトチックな出来事に関しても、生きている身に起きるのはむしろ貴重な経験であると、ポジティブシンキング。仮に超常現象を実体験できたら、心の中でガッツポーズするでしょう。

第2位 乙女座……怪奇現象は研究対象です

 12星座で最も現実的な星座ですから、基本的には超常現象なんて信じていません。金縛りにあったとしても、「これは単なる睡眠麻痺」と冷静に受け流すでしょう。そんな乙女座にとって、科学では解明できていない金縛り以上の超常現象は、分析せざるをえない対象なのです。もともとが分析マニアの乙女座ですから、何が何でも正体を見破ってやるぞと、鼻息が荒くなるでしょう。超常現象は、乙女座としては「研究テーマ」のようなものなのです。

第3位 射手座……超常現象はプライスレスな未知への冒険

 射手座が「旅行好き」といわれる由縁は、未知なる世界への興味が強いからです。旅行は確かに未知を体感できます。しかし考え方によっては、わざわざ旅行に出かけなくても、超常現象でも未知を体感することは十分に可能。しかも旅費ゼロ。そういう意味で射手座は、超常現象に対しても好奇心を触発されるでしょう。一度きりの人生なのだから、人とは違うおもしろい出来事はどんどん体験したいと考えています。

 第4位は、魚座。目に見えない世界を信じているうえ、スピリチュアル志向なので、背後霊に直談判して運気アップを目論むでしょう。第5位の獅子座は、ミーハー気質。テレビで「ツタンカーメン特集」だとか「座敷童の出る旅館」など放送されていると、必ずチェックします。

 第6位の水瓶座は、未来志向型の超常現象愛好家です。夜空を見上げては、UFOの到来を待ち望んだり、宇宙人との交信を目論むこともあります。第7位は、牡羊座。もしも幽霊に遭遇したら、それは武勇伝として皆に自慢できるという考え方です。

 第8位は、蟹座。お化け屋敷にすら足踏みするでしょう。わざわざ入場料を支払って怖い思いをする必要はないと思っています。第9位の双子座は、手品と一緒で超常現象にも何らかのトリックがあるだろうという思考回路です。

 第10位の牡牛座は、のんびり屋さんな性格ですから、ポルターガイストのような事象が発生しても、気づかずにのほほんとしています。第11位は、山羊座。子どもの頃から肝が据わっており、夜中に目が覚めても、お母さんを起こさず1人でトイレに行けるような幼少期でした。

 そして第12位は、天秤座。社交性豊かな天秤座は、これまでの人生でさまざまな人に出会ってきました。その結果辿り着いた結論は、「オバケよりも、生きている人間のほうがよっぽど怖い」です。生身の人間に怖い思いをさせられるくらいなら、オバケのほうがよっぽどマシってことで。

 実際に超常現象を体験した人は少ないでしょう。では体験したいかと問われたら……難しいところですよね。ですが人間には「怖いもの見たさ」という心理もあります。まずは映画内での超常現象に耐えられるか、度胸試ししてみるのもおもしろいかもしれません。
(菊池美佳子)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事