12星座【ブランディング上手】ランキング 獅子座は「私は私」でマイブランドを発信!

 「できる女」「かわいい女」「モテる女」といった「〇〇な女」のイメージ、「やさしい」「強い」「頭がいい」などの性を超えた印象で、「さすが〇〇座さん」と思わせる自己ブランド力を発揮する人もいます。誰にも負けないブランド力を持つのは誰か? 12星座ランキングでみてみましょう。

第1位 獅子座……自らオリジナリティをアピールするブランディング

 人とは違う、特別で非凡な自分を自負する獅子座です。いつどんなときでも、「だって、私なのよ!」という心づもりでいるのでしょう。「私はこうする」「私だからこうする」という強いポリシーのもとに行動し、周りに流されない自分を維持します。流行った過去があるのか? これから流行るのかも疑問……という独特のファッションセンスを発揮することにも頷けるでしょう。自己アピールをしながらMYブランドを発信します。

第2位 水瓶座……素の自分をつらぬく天性のブランディング

 濃厚な個性を持つ水瓶座は、人の評価や意見を気にしません。自分がいいならOKで、他人から理解をされなくてもいいという強者です。わかった風をよそおって理解者ぶられるくらいなら、意味がわからないといってもらったほうがいいと思う傾向も。強烈な独自性は、アピールせずとも周囲に広まり、「あの個性には敵わない」「独特の発想だよね」という定評を集め、無自覚のうちにブランド力を発揮します。天性のブランディングです。

第3位 蠍座……謎めいた存在感でブランディング

 自分を明かしたくない蠍座は、基本的にむっつり助平タイプ。自己アピールをすることもないでしょう。けれど、うちに秘めた個性は、ほかの人が真似のできない空気となって放たれているようです。静かで大人の印象と同時に、「なんか、あの人って違うよね……」という謎のインパクトを人に与えます。何の変哲もなく普通のはずなのに、よくよく観察してみるとこだわりのある小物や服に、ブレない軸を感じさせる発言が目に付くはず。

 第4位は、いつも変わらない牡牛座。安定した言動が固定キャラとして定着し、そのままブランディングに。第5位の山羊座は、定番へのこだわりと合理性でしっかり者としてのブランディングを確立。

 第6位の勝気な牡羊座は、ライバルに負けじと張り合って、無理矢理にブランディングをすることが。第7位・好きなものをアピりたい蟹座は、「〇〇に関しては私!」というものの、身近な人の中での内弁慶に。

 第8位は如才のない天秤座。承認欲求はあるものの、人の和を乱したくない気持ちに負けて自己アピールを断念。第9位・いつも目標に向かっている射手座は、カリスマ性を発揮しているものの、短期集中で目標を変えることがブランディングの妨げに……。

 第10位はマイスタイルを確立している乙女座。そのままブランディングにつながりそうですが、人にあわせる性格がそれを打ち消しにしているみたい。第11位・情報通を自負する双子座は、ブランディングよりも、いろいろ知っている自分に満足したいご様子。

 そして第12位は、魚のように人の心の中を泳ぐ魚座! 付き合う人によって行動も変わり、場合によっては好みも合わせて変えてしまうことも。「私はこうだ!」というものがなく、何色にでも染まりますという……純白の花嫁キャラでならブランディングできるかも!?

 一貫性のある人は、「〇〇の人」という固定キャラが定着し、それがそのままブランディングに通じます。上位1~4位までは自分をつらぬく不動星座、5~8位は状況に応じて行動する活動星座、9~12位は人や状況に合わせる柔軟星座であることも興味深いでしょう。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事