血液型【結婚式準備の揉めごと】あるある A型はお金、B型は招待客の人数で大ゲンカ!?

 結婚が決まればうれしいものの、結婚式を挙げるとなると、想像以上に準備が大変だったりします。2人で協力して準備を楽しめられればいいですが、何かと揉めごとが起こるのが現実です。あなたは結婚式の準備でどんなことで揉めるのでしょうか。血液型別にみていきましょう。

A型……お金をどのくらいかけるかで揉める

 しっかり者のA型は、結婚式だからといって浮かれません。その後の生活の費用、新居への引っ越し、新婚旅行、家具をそろえるなど、新生活のことを考えると、結婚式にお金をかけるのはナンセンスだと思ってしまうのです。相手がお金をかけて盛大な式にしたいといいだしたら、「今後の生活はどうするの!?」と揉めることになるでしょう。

B型……招待客の人数や人選で揉める

 社交的で交友関係が広いB型。結婚式をするなら、友人、会社関係、取引先、SNSで知り合った人など、とにかくたくさんの人を招待したいと思います。B型にとって今まで出会った人は、大切な仲間なのです。それに対して相手に「減らしてくれない?」といわれたらひと悶着ありそう。「人間関係にひびが入る」と、相手を説得しにかかるでしょう。

O型……両親の意見と合わず揉める

 穏やかでやさしい性格のO型。結婚式をするなら、相手や両家のみんなが納得する形でしたいと思います。花嫁衣裳やお色直しの回数、結婚式の演出などは、両家の意見を取り入れようと努力します。しかし、あっちを立てればこっちが立たず状態に……。次第に「誰のための結婚式なのだろう」と思い、そのイライラを相手にぶつけてしまうでしょう。

AB型……引き出物や料理など細々したことで揉める

 こだわりが強いAB型は、結婚式も“自分たちらしさ”を大切にしたいと思います。たとえば、引き出物はカタログなどではなく自分たちにゆかりのある品、料理はオリジナルメニューでもてなしたいと思います。結婚相手にこだわりがなければいいのですが、決めたことにいちいち文句をいってきたら、価値観の違いで大ゲンカになりそうです。

 結婚式は、いわば2人でやる初めての共同作業。揉めごとがあってもそれを乗り越えて、愛情を深められるといいですね。お互いに譲り合う気持ちが大切です。
(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事