星座グループ別【お店選びのこだわり】牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座はアクセス重視!

 会食や会合を開くときは、幹事のセンスが光ります。誰が幹事役を務めるのかで、当たり外れが変わってくるでしょう。今回は、行動タイプで分けた星座グループ別に、お店選びの特徴をみてみます。

活動の星座(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)……交通の便のいいスポット

 思ったらすぐに動きたい活動の星座グループは、みんなが集まりやすいお店を考えます。もちろん、お店の雰囲気やメニューも考慮しますが、交通の便のいいスポットが大前提。参加者にとってわかりやすく、アクセス抜群のスポットを選んで、スマートに集合して解散できるようにするでしょう。真夏や真冬といった、外をたくさん歩きたくない時期は、駅に直結しているお店を探すこともあるようです。

不動の星座(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)……お決まりのスポット

 マイスタンダードを守ろうとする不動の星座グループは、お決まりのスポットを決めています。女子会はここ、お茶だけならここ、といった感じに、シーンに合わせたお店をいくつか押さえていることもあるようです。「このお店はいい!」と思ったところを決めているので便利ですが、同じメンバーと会うときは、毎回同じになりがち。お気に入り開拓をしなくてはという悩みも……。

柔軟の星座(双子座・乙女座・射手座・魚座)……旬メニューのあるスポット

 その場の状況や会う人に合わせる柔軟の星座グループは、旬のメニューのあるスポットを探します。季節の旬食材だけでなく、今の流行りや話題となっているメニューのあるお店を選ぶでしょう。また、参加メンバーの好みに合わせたり、誕生日などのお祝いなのか、ただの食事会なのかといった、会の目的に合わせることもあるようです。毎回、スポットを変えようとする傾向もあるでしょう。

 年末が近付くにつれて、飲み会や食事会の機会が増えてきます。幹事が大忙しになるシーズンです。お店選びをしてくれた人が、どんな思いで選んでくれたのかを考えて、好みや当たり外れに関係なく、「ありがとう」と伝えることを忘れないようにしましょう。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事