女性ばかりの職場でうまくやるには? 古代占術の使い手・ミルンがズバリ回答

 古代の人々は鹿の骨を焼いたり、亀の甲羅を熱したりして、ひびの入り方で物事の吉凶を占っていたのだとか。その瞬間に生じた偶然で占う「卜占(ぼくせん)」は古典的な占術だ。

 そんな卜占の1つ「リソマンシー(石占い)」の使い手が、鑑定歴30年以上の人気占い師・ミルンだ。ミルンの得意とするリソマンシーは、たくさんの石をまき、石の落ちた場所や、石同士の位置関係で占っていくのだそう。最終回を迎えた『こちら西麻布占い相談所』(占いTV:uranaitv.jp)には、そんなミルンに占ってほしいと、たくさんのお悩みが届いた。

石を使ったリソマンシーで占うミルン
石を使ったリソマンシーで占うミルン

女性ばかりの職場でうまくやるには?

 「女性ばかりの職場でうまくやる方法を知りたい」というお悩みに対して、ミルンが出した答えは、「自分の意見を押し通そうとしない」というもの。

 「保守的な考え方の人が多い職場ですね。あなたが改善策を出しても『ふ~ん、そうねぇ』と次に進まないことも多いでしょう。そこでイライラすると、いざこざの元。『すごく保守的な人たち』と頭に入れて、つき合っていくのがおすすめです。物にこだわりが強い人が多い職場なので、相手のバッグやアクセサリーを褒めると、会話の糸口がつかめそうですよ」。

今の彼氏と結婚できる?

 「彼氏と結婚できる? うまくやるには何に気をつければいい?」という質問にはカードを使った占いで回答。

ブラックパンサーというカードが出ました。このカードは『未知なるものを抱きしめる』という意味がありますから、結婚はできます。彼があなたの知らない世界や趣味を持っていたとしたら、それを受け入れることがカギとなるでしょう」。

出会いがない……

 「仕事が忙しすぎて出会いがない。元彼と復縁するか、新しい出会いを待つか、どっちがいい?」という2択の質問も寄せられた。

 「復縁は、今年の6月にチャンスがあったんですけれど、時期を逃しましたね。復縁を待つより新しい出会いに期待を。年末、クリスマス前ごろにいい出会いがありそうですよ」。

 ミルンの占いは、腕の確かさもさることながら、「大変ですね」「気を遣いますよね」「彼氏と結婚できるか、心配ですよね」と、相談者の心に寄りそう言葉とともにアドバイスをもらえるのが特徴的。年の離れたお姉さんが優しく相談に乗ってくれているような気分になれる。

 そんなミルンに自分も占ってほしいという人は「占いビデオレター」を使ってみよう。生年月日や相談したい内容を書き込んで送信するだけで、ミルン本人によるオーダーメイド占いの動画が送られてくるサービスだ。鑑定料は5分1000円で、目の前で占ってくれているような臨場感抜群の占い動画を見ることができる。鑑定依頼の受付は先着順なので、早めに応募を。
(ニコ)

オーダーメイドの鑑定を動画でお届け
「占いビデオレター」

ミルン先生が、占い結果を動画メッセージでお届けする「占いビデオレター」。あなたのお悩みに、先生から直接アドバイスをもらえるという“超オーダーメイド”サービスです。
>占いビデオレターとは?


(※受付は先着順です。)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事