血液型【結婚後のブラックな一面】あるある B型は一気にだらけて恥じらいゼロに!?

 恋愛と違い、2人で協力して生活を築く結婚生活。付き合っているときは気づかなかったけれど、結婚して気づく相手の新たな一面もあるはずです。今回は血液型別に、結婚した後、どのようなブラックな面が出てくるのか紹介します。

A型……マイルールを相手に押し付ける

 生活において、マイルールを持つA型。生涯を共にする相手には、自分のこだわりを理解してもらい、共有したいという気持ちが強いです。そのため結婚生活では、自分のルールをパートナーに押しつけてしまいます。守らないとくどくどと小言を漏らすため、相手からは、うるさいやつだと思われてしまいそうです。

B型……一気にだらけて恥じらいゼロに

 面倒くさがりな性格のB型の人。結婚後、もう家族なのだからと一気にだらけてしまうのです。常にノーメイクだったり、お風呂あがりに暑いからと真っ裸で歩いていたりと、恥じらいもなく過ごすようになってしまうのです。そんな姿を見て、相手は色気もなにも感じられなくなってしまいそう。

O型……鬼嫁に豹変!?

 恋愛しているときは、ロマンチストなO型。しかし結婚した途端、一気に生活感が増して現実的な面が強まります。特に金銭面はシビアで、厳しいお小遣い制にしたり、飲み会などで出かけることに口うるさくなったり、一気に財布のひもが固くなります。まるで鬼嫁のような変わり様に、相手はびっくりしてしまうでしょう。

AB型……自分の時間を優先する

 もともと1人が好きなAB型。結婚するまでは相手に気を使っていたものの、結婚生活が始まると自分のことを優先しがちです。そのため、夫婦のコミュニケーションが不足し、相手は急に冷たくなったと感じてしまいそうです。はた目からは、仮面夫婦のように思われてしまうことも。

 結婚生活を長続きさせる秘訣は、コミュニケーションをしっかり取ること。結婚前から、2人の結婚生活について話し合っていれば、結婚後のギャップも少なくなるはずです。
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事