血液型【人に頼むとき】あるある B型は相手を持ち上げその気にさせてお願いする!

 自分1人でできることには限界があります。ときには人に頼んで、協力してもらう必要もあるでしょう。あなたはどんな風に人にも頼みごとをしますか? 血液型別にみていきましょう。

A型……相手の負担を極力減らすようにする

 人に気を使うA型は、人に何かを頼むことが苦手です。それでも自分1人でどうにもならなくなったときは、本当にお願いしていいのか何度も確認してから依頼します。そして、相手の負担を極力減らすよう、指示書を用意したり、本当に簡単な事務作業しかお願いしないでしょう。頼みごとの準備で余計忙しくなってしまうことも。

B型……相手を持ち上げてお願いする

 人の心をつかむのがうまいB型は、頼み上手です。人に何かをお願いするときは、下手からお願いします。渋る相手には、「私じゃダメで……○○さんの力を借りたいんです」と持ち上げるでしょう。そこまで言われたら、相手も無下にすることはできません。最終的には相手に「いいよ」と言わせてしまう、ちゃっかり者なのです。

O型……ギブアンドテイクで頼む

 困っているときはお互い様、がモットーのO型。「あなたが大変なときは自分が助けるから」といって、頼みごとをします。もちろんお願いする側なので、「大変だと思うけどごめんね」と相手をねぎらう一言は忘れません。そして自分が誰かに何かを頼まれたときは、快く引き受けるでしょう。

AB型……どうやって頼んでいいかわからない

 常に冷静に物ごとを処理するAB型は、なんでも1人で片付けてしまうタイプ。人に頼ることもそうそうありません。言い換えれば、人に頼む経験値がゼロ同然。そのため、1人では無理な状況に陥っても、なかなか頼ることができません。どうしようかと考えているうちにどんどん時が過ぎ去り、結局何も言えずじまいになってしまうことが多いでしょう。

 頼みごとをしたり、されたりしていくうちに、その人との間には信頼関係や固い絆ができていくはず。あまり遠慮せず、自分のできないことはうまく人に手伝ってもらいましょう。
(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事