2月19日、太陽が魚座へ 心の奥底のトラウマをアロマでサポートしよう!

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 2月19日、水瓶座にいる太陽が「魚座」に移動します。その後、3月21日までは、魚座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

魚座太陽期の特徴

【太陽の位置】魚座(水のエレメント)
【期間】2月19日~3月21日
【ポジティブなメンタル症状】共感力が高まる、感受性が鋭くなる
【ネガティブなメンタル症状】忘れていたトラウマに苦しむ、他者に同情しすぎる

 魚座は癒やしや、許しを象徴する星座。すべてを包み込む包容力や共感力を与えてくれます。この時期は、いつもなら許せないことを受け入れることができたり、他人の悲しみに優しく寄り添うことができやすくなるでしょう。また、芸術的インスピレーションや霊感が強くなる、という特徴もあります。

 ただし、その共感力や感受性の敏感さが過剰になると、身の回りの悲しい出来事に共感しすぎて耐えられなくなってしまったり、自分の心の奥底にあるトラウマ的な記憶に敏感になりすぎてしまうことも起こり得ます。特に今年の魚座太陽期は、蠍座の木星や、山羊座の土星、冥王星と強くリンクしているため、心の深いところからの共感や解放が起こりやすいときです。

 そんな魚座エネルギーをよりよく使えるよう、心の深いところに働くアロマをエレメント別に紹介します。

牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……メリッサ

 火のエレメントの人たちは、この時期、自分の内面や基盤となる居場所に目が向きやすくなります。いつもの勢いは少しトーンダウンしがちですが、新たな春の始まりへ向けて心の整理整頓をするのに最適です。特に怒りや憎しみは、この時期に積極的に手放していきましょう。オススメのアロマオイルは、許しを象徴する「メリッサ」。家でのリラックスタイムや外でイライラしたときなどに、優しい香りのこのオイルを深呼吸してみて。

牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……イランイラン

 地のエレメントの人たちは、この時期、人生を根本から立て直せるパワーが強くなります。ふだん見ないようにしている自分の弱さや、人に甘えられない強がりなどを解放していくといい時期です。逆に、我慢し続けているとますますつらくなるときでもあるので、心をゆるめることができる「イランイラン」を使ってみましょう。就寝前やストレスがたまったときに、かいだりマッサージに取り入れてみて。

双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……サンダルウッド

 風のエレメントの人たちにとって、魚座太陽期は安定した落ち着いた気持ちを得られやすい時期となります。おもしろみにかけるシーズン、と思ってしまうかもしれませんが、仕事関係に情緒的な配慮をしたり、仕事仲間の相談にのったりするといい時期です。精神的な深みをもたらす「サンダルウッド」を使ってみましょう。自分自身やまわりの人を安心させることもできる香りなので、出社時に香りをまとっていくのがオススメです。

蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……ゼラニウム

 水のエレメントの人たちにとっては、本領発揮ともいえる魚座太陽期。ただしその分、共感しすぎることや感情に溺れてしまうことなどのデメリットも大きく出やすくなります。心身のバランスをとってくれる「ゼラニウム」を使って、感情のケアをしていきましょう。本来の共感力や優しさがより一層生かされて、とても充実した時期になるはずです。朝起きたときと寝る前に、香りをかいだり、マッサージに使ってりしてみて。

 魚座太陽期の影響は、太陽が牡羊座に移動する3月21日まで続きます。移動日は春分にあたり、太陽が新たな1年をゼロからスタートするタイミングです。この魚座太陽期に、心の重荷を手放したり、周囲との情緒的な関わりをよりよいものに整えていくのがオススメ。すっきりした状態でステキなスタートを切れる春にしていきましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事