元SMAPメンバーの主演映画『クソ野郎と美しき世界』のヒットを占う

 稲垣吾郎(44)草彅剛(43)香取慎吾(40)が主演する短編オムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日より公開予定である。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、同作品が成功するか大胆予測した。

主演と監督との相性は?

映画はヒットの予感。「行列ができるかも」
映画はヒットの予感。「行列ができるかも」

 4つの短編で綴る同作品は、それぞれ主演と監督を、稲垣×園子温(56)香取×山内ケンジ(59)草彅×太田光(52)、オールキャスト×児玉裕一(42)が務める。新しい地図の3人と著名な監督とのタッグに期待が膨らむが……。
 
 この映画をタロットで占った、スピリチュアル芸人・パシンペロンはやぶさが引いたのは「戦車」のカード。このカードは前進や開拓を意味し「宣伝も攻めモードで、映画に興味のない人も足を運ぶのでは」とヒットの可能性を示唆した。また、開運セラピスト・紫月香帆も「それぞれの主演と監督の相性がよい」と語り、特に長いトンネルから抜け出したかのような良い運気の香取に注目。「山内監督であれば香取さんを活かすことができ、すごく良い映画になる」と予測した。

 一方で、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー・Hoshiとパシンペロンはやぶさが案じたのは、園監督。Hoshiは「自分のイメージしたものと違う評判が出やすい時期」と園監督の運気を気にかけ、パシンペロンはやぶさは「園監督は体調変化の年に当たります。腰痛が心配」とコメントするなど、不安要素もありそうだ。

 『クソ野郎と美しき世界』の公開は、桜が見ごろを迎える春。映画がヒットし、新しい地図も桜満開となるか。
(城たつみ)

この記事の模様は

で視聴できます!

ピタットTVとは

  • 視聴者の相談

  • ゲストトーク

  • 話題の鑑定

6時間生放送!豪華占い師とともに、運気が上がる占い情報をたっぷりお届けする世界初の新感覚占いバラエティ! 今話題の人やみんなが気になってる事を占いの見方で話題にする以外にも、お笑い芸人や有名タレントをゲストに迎えてのトークや、視聴者の方の相談にその場で乗ってピタット解決するコーナなど、楽しさ満載です!

出演者

パシンペロンはやぶさ(ぱしんぺろんはやぶさ)
★パシンペロンはやぶさ(ぱしんぺろんはやぶさ)
「はい、視えちゃいました!」 オーラも守護霊も未来も丸見え、芸能人から依頼殺到のスピリチュアル芸人。
紫月香帆(しづきかほ)
★紫月香帆(しづき・かほ)
少しの気づきで運命が輝く、美魔女開運セラピスト。著書『やってはいけない風水』(河出書房新社)が33万部突破。
tvprof-Hoshi
★Hoshi(ほし)
あなたの恋に、熱く、真摯に赤裸々にモノ申す! 新進気鋭・東洋占術界の旗手。
◆占いコンテンツ
・運命を導く7人

記事が気に入ったらシェア

関連する記事