【誕生月・恋愛事典】1月生まれの恋は真面目で一途、マイペースに最高の恋愛を楽しんで!

【誕生月・恋愛事典】1月生まれの恋は真面目で一途、マイペースに最高の恋愛を楽しんで!

tanzyokoi-01

――生まれ月や季節は、人の運命にどのような影響を与えているのでしょうか。1月から12月まで月の逸話をひもときながら、誕生月別に、幸せな恋をするためのワンポイントアドバイスを紹介していきます。

1月ってどんな月?

 1月を1年の始まりと定めたのは、ローマの皇帝ユリウス・カエサル(シーザー)。それ以前は、農耕に重要な春や秋が新年の始まりとなっている暦が多かったのです。現在でも、新年を旧暦で祝う国は少なくありません。公的な暦は、その時代の政治と深く結びついています。1月という月は、ものごとがリセットされ、強い意思の力で、新しい運気へと切り替わる月なのです。そんな1月生まれの人の恋愛傾向をみていきましょう。

1月生まれの人の恋……真面目で一途に恋心を貫く

 1月生まれの人は、真面目な頑張り屋さん。人を好きになると、相手にふさわしい自分になろうと努力します。恋愛によって、大きく成長するタイプといえるでしょう。一見奥手に見えますが、一途に恋心を貫く強さがあります。雪に覆われた土の中で根を伸ばす植物のように、へこたれない底力の持ち主なのです。1月生まれにとって、恋は少しずつ大切に育てていくものなのです。

幸せな恋をするためには……マイペースに最高の恋愛を楽しむ

 恋愛では奥手なので、周りの人がみんな、要領よく簡単に恋をしているように見えて、自信喪失してしまうこともあるかもしれません。でも、恋愛は「数」ではありません。生まれてきてよかったと思える最高の恋愛を、一生に一度できたらそれで十分。そして、1月生まれは、そんな素晴らしい恋愛ができる人なのです。自分を安売りせず、人をうらやまず、自分のペースでいられたら、大丈夫。

1月生まれと相性がいい人の職業
公務員……安心、安定、堅実。真面目に結婚を考えられる相手です。
税理士……頭がよくて数字に強くて、将来設計がしっかりしている点も好印象。
会社経営者……1月生まれなら忙しい相手をしっかりサポートできるはず。
建築関係……意外にもマニアックなトークで意気投合できそう。
工芸家……伝統を守る仕事への真摯な姿勢に共感。

 責任感が強く面倒見がいい1月生まれの恋のお相手は、年下になることも多いようです。恋人募集中の1月生まれの人は、恋愛対象の年齢層を少し広げてみるのもよさそうです。
(高橋桐矢)
※参考図書/『現代こよみ読み解き事典』(岡田芳朗・阿久根末忠編著/柏書房)

より詳しく知りたい人はこちら
▼▼▼▼▼

生まれた日でわかる「365」の基本性格
記事が気に入ったらシェア

関連する記事