今日の運勢
7月24日(月) 1位 牡羊座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

まーさの「12星座人生あるある」【12星座人生あるある】獅子座は「性格のいいジャイアン」として近所に君臨・黄金子ども時代

12life-shishi

――個性派ぞろいの12の性格・「12星座」。実は星座ごとに、歩みやすい人生の“典型的パターン”が存在した……! さてあなたはどれだけ当てはまる? 12個のあるあるライフを探る新連載。第5回目はおまたせ! 獅子座です。

<第5回 獅子座(7/23~8/22生まれ)>

幼少期・小学校……「あの頃の私、輝いてた……(涙)」大人獅子座が涙する黄金期

 「腕白でもいい、たくましく育ってほしい」を地で行く子供時代。友達をたくさん引き連れ、食べて遊んで寝て好き放題暮らし、それに何の疑問もない感じ(重要)。勉強運動共に積極性とやる気でカバーするので基本は万能選手で、ジャイアン風味もありですが、友達には優しいので人気者です。その後モテ系になる子も、「スカート履かなかった」「パンツいつも見えてた」「女子にチョコもらった」率高そう。

中学生・高校生……いつも何かに“熱中”していた、青春ど真ん中

 高確率で部活に所属。「そのために学校行ってる」系で、運動部ならジャージ着てる時間も長そう(朝練→授業終了後部活直行。便利だから&その姿の自分が好き)。文化部でもブラスバントとか「集団で努力する」部のタイプで、大会や試合など学校行事がとにかく多い。結果日々忙しいので試験勉強は一夜漬け率高いが、体力あるし普段も怠けてはいないので成績はそこそこ取ります。ラブも関心あるしモテるけど、基本は疎い方かも。

大学生・専門学校……「何となく不完全燃焼」やりがいを求めて人生うろうろ

 部活での実績を評価され(推薦)&培った体力で受験を突破して希望進路へ。だがこれまでとは勝手が違い、やややりたいことを見つけにくい時期かも(多分ぬるい授業、サークルなんかじゃ獅子座には物足りないのね)。結果、「微妙に色気づき女豹化」「バイトで店長並みにシフト入る」などでバランスを取ることに。新しい自分の道を探していろいろ試すけど、手持無沙汰感はあるシーズンでしょう。

社会人その1……モットーはOne for all,all for one.

 派手好き獅子座は可能な限り、わかりやすい職業・会社を選択(有名だ、かっこいい)。組織で輝くのは得意なので、上司や先輩にかわいがられつつ、後輩も面倒見て日々まい進。淡々とした業務より締切や具体的な目標のある仕事の方が好き。「何としても今夜中に!」などと聞くと激しく盛り上がる。仲間ノリでやれるうちはいいけど、会社のやり方等に信念的な疑問を持つと、転機がやってきます。仕事に限界を感じるとこの辺で結婚かな。

社会人その2……「信じるもの、愛するものへ献身する」ことこそ私の生き方

 「信頼関係こそ財産」な獅子座は、完全な利益追求は出来ないタイプ。仕事はより“実より実を取る”方向性にシフト。その仕事ぶりから「あなたじゃなきゃ」と言われるけど、過労もまた、獅子座あるある。一旦体調を崩し、自分の限界を知って再び路線変更もありそう。一度家庭に入っても、社会への再出走率は高い。残業も受けたいし保育園行事も仕切りたい(笑)しで、サブバッグは増え、システム手帳は膨らむばかり。

その後と老後……アーリーリタイア、何それおいしいの? 楽しいの?

 仕事や子育てをひと段落しても「引退する気まるでなし」。たとえ元社長でもこだわらず「自分が活躍できる場所」を求め、役に立てるなら!と何でもやる精神に老化の兆しなし。むしろ「食品会社役員よりおにぎり屋さんの方が向いてる!」(命令ひとつで動く世界<自分で動いて世話を焼く業務)とこの年齢で開眼する場合も。また誰とでも気軽に付き合うジャイアニズム(?)は健在で、あだ名で呼び合う年少の友人も多い人気者である。

獅子座の人生を一言でいうと……

「ガッツだぜ!」(要説明)

 別名:「ガッツのソテー・情熱と友情のソース掛け。“なる派手”夕日のキャラメリゼ仕立て」(笑)。いくらかっこよく加工しようとも、結局獅子座が求めているのは「安心して燃えること」に他なりません。いくら御託を並べたって、愛も出世も金もすべてそのためのエッセンス。やるだけやって、ごはん食べてスコー!っと眠る。これ以上の至福があるかね?

 獅子座は本当に単純で、そのほうが圧倒的に幸せになれる気がします。ええかっこしいで流行りものも好きだけど、「体そのものが美しいから、何でもそこそこ様になる」。そのほうが、らしい。むしろ多少ダサくても獅子座なら許す!くらい生き方が合ってるわ~(笑)。
(まーさ)

フォローする
­­ ­­