今日の運勢
7月24日(月) 1位 牡羊座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

まーさの「12星座人生あるある」【12星座人生あるある】牡羊座の第一モテ期は小学生、部活は高確率で運動部!

12life-hituzi

――個性派ぞろいの12の性格・「12星座」。実は星座ごとに、歩みやすい人生の“典型的パターン”が存在した……! さてあなたはどれだけ当てはまる? 12個のあるあるライフを探る新連載。トップバッターは牡羊座です!

<第1回 牡羊座(3/21~4/20生まれ)>

幼少期・小学校……気づけばいつもリーダー格&第一モテ期

 早く生まれる分成長も早いし、言いたいことが言え、1人でも行動できるので、子ども時代は仲間のリスペクトを一身に受ける。率先して案は出さないけど、「じゃあどうする?」となったときの決断は大体牡羊座の仕事。特にけんかの仲裁や、年上&難しい相手への直訴シーンでは、その勇敢さが燦然と輝く。素朴なかっこよさが男女ともに大人気で、「人生最大のモテ期は小学校」の牡羊座は多い。

中学生・高校生……情熱の矛先を求めて模索期・その1

 高確率で運動部に所属。「将来はプロ!」レベルの意欲の牡羊座も多いが(こういう人は本当にプロになる)、「文化部無理」で入る人も多く、その後幽霊部員化する。勉強は平均的かやや苦手傾向で、やる気になればできるけど「やりたくない」パターン。だから好きな教科だけ高得点の場合も。恋愛やバイト、ワル行為も一通り経験するものの、ものすごく何かにはハマらない。恋愛に極端にハマった場合はヤンママルートも存在します。

大学生・専門学校……じっとしてるくらいなら働くか模索期・その2

 基本学校は「卒業すればいい」と思っているので、空いた時間はほとんど働く。居酒屋、コンビニ、引っ越しの手伝いなど、自分的には「カラダを使う仕事(頭はなるべく休憩)&無暗に愛想は要求されない」が重要。でも、いったん始めると続くし真面目にやるので、大体「このまま就職しない?」と誘われる。バンドなどにハマって夢を追うパターンもありますが、人から誘われて加入のケースが多そう。

社会人その1……普通を目指すけど、どうも肌に合わない模索期・その3

 いったんは親の勧めもあって一般事務で就職するも、制服の似合わなさと業務の単調さですぐ限界に達し、もんもんとする。でもどんな環境でもすべき仕事はやるので、周囲の覚えはめでたく、社会人初期に同僚や取引先の人に告白されたりは多め(第二モテ期)。でも「自分が好きじゃない自分を好きって言われても……」と、あっさり振る率も高い。また早々に社会に見切りをつけ、長い付き合いの相手と結婚の場合も。

社会人その2……結婚&大恋愛と人生の転機あらわる!

 「自分らしく生きるしかない」と腹をくくり始めたころ、恋愛や転職で人生の転機が訪れる。昔の誰かとの思いがけない再会か、自分にまった新しい世界を見せてくれた相手に強烈に憧れて、恋に落ちる傾向あり。結婚するしないに関わらず、牡羊座にとって出会いはゴールではなくスタートなので、これを機に道を見つける的展開が多い。早々に結婚し子どもを持っても、「出産後、あれやる!」と起業などにしばしば燃える。

その後と老後……ありのままが板についてきました

 仕事中心にしろ、家庭と両立にしろ、ガッツリ働きながら年を重ね、「年を取ったことも気づかなかった」系の日々を送る。が、いい意味でも自分の責任が増したことにある日気づき、「私も丸くなったかな~」なんて考える(実際はそうでもない)。でも何かあると黙っていられず即動いてしまうスルー力の低さは相変わらず。「人の世話にはなりたくない」、「生涯現役」が口癖です。

牡羊座の人生を一言でいうと……

「結局、考えても無駄(悟り)」

 牡羊座が最高に輝くのは「まだ何も知らない&考えない」ときか、「いい意味で開き直った」あと。中途半端に人目を気にしたり欲を出したりせず、内側がシンプルであればあるほど後光は最強になる。結局その人生は一本道なのだから、複雑なフリはしなくてよろしい!

 さて第1回目、いかがでしたでしょうか。そう、案外牡羊座も迷いの時期は長いのです。人生通算で見るとね。でもその時期があるから…「どうでもい~~い!」と思い切り針が振り切れることも可能なのだ。たっぷり迷った後の牡羊座のジャンプは……ものすごく高いぞ!?
(まーさ)

フォローする
­­ ­­