1月11日は蟹座の月食満月 2020年最初の満月、最高の居場所を手に入れよう!

1月11日は蟹座の月食満月 2020年最初の満月、最高の居場所を手に入れよう!

 1月11日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】蟹座
【満月になる時刻】1月11日4:21
【蟹座満月のキーワード】「家・家族」「深い愛情」「人生の基盤」「受容性」「世話をする」……etc.

 2020年最初の満月は、蟹座で起こります。蟹座は感受性や共感性が豊かな、愛情深い星座。身内と認めた存在や愛しい存在を守ることなど、世話をする力に優れています。居住地や家そのもの、家族・親しい人なども蟹座が司る領域。そのため、この満月では、自分の家や居場所、職場環境、身近な人間関係などを見直すといいでしょう。

 しかも今回の満月は、月食です。半影月食と呼ばれる肉眼ではわかりづらい食ですが、占星術においては通常の満月よりも運気への支配力が強くなります。また、この日の星回りは、月食満月が真向かいの山羊座にいる水星・土星・冥王星とぴったり向かい合う配置。人生の土台やホームグラウンドについて、根本から改善できそうなタイミングです。

 どんなところが居心地がいいか、どんな人たちと過ごしたいか、どんなプラベートタイムが心安らぐか、などを素直な気持ちで見つめてみてください。そして蟹座月食満月に、自分らしい基盤やホームグラウンドを作るための手放し&改善を誓いましょう!

★蟹座満月にオススメの手放しテーマ★

 今回の満月は、蟹座的な長所が裏目に出た場合の「心配性」や「人見知り」などを手放すのにも最適です。そのほかにも「ひきこもり傾向」「家族のしがらみが強すぎる」などの問題があったら、この満月で手放していきましょう。

★蟹座満月の手放しテーマ★

「好き嫌いの感情や不安に流されやすい」
「変化することや新しいものが苦手」
「社会的な失敗が怖くて野心や目標が持てない」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

蟹座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような蟹座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★蟹座満月の改善ワーク★
「居住空間や職場などを居心地よく整える」
「家族や恋人など愛する人とのきずなを健全にする」
「プライベートを充実させて、仕事への英気を養う」……etc.

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。

 この日の夜は、家を居心地よく整えたり、部屋の片付けなどをしましょう。特に、真向かいの山羊座からエネルギーが注がれているので、仕事関係のものや不用品の手放しをするといいときです。物理的に不用品の廃棄や片付けをすることは心の中を整理することも促します。2020年1年間のよりよい基盤を作ることを念頭に置いて作業をすれば、心理面の手放し&改善もしっかりと照準が定まるはずです。

 この満月は、革命と改革を司る天王星の逆行が終了する日でもあります。変化や改良は順調に進みはじめる暗示。ワクワクと楽しみながら、理想の2020年にするための改善を誓いましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事