【手相占い】恋をするために生きている!? 恋愛体質の手相ベスト3

【手相占い】恋をするために生きている!? 恋愛体質の手相ベスト3

 恋愛体質とは、恋をするのが大好きで、すぐ恋に落ちてしまう惚れっぽい体質のこと。常にキュンキュン、ドキドキしているので、かわいらしかったり、色っぽかったりします。モテるかモテないかといったら、絶対モテる部類に入るでしょう。そんなうらやましい体質を持つ人を手相で判別。ランキングで発表します。

第1位 感情線が乱れ気味……トキメキが止まらない恋愛体質

 感情線とは、小指の下から人差し指方向に向かって伸びる線のこと。感情線に上下の支線がたくさんあったり、切れ切れだったりして乱れ気味な人は、恋の感受点を人より多く持っている恋愛体質。このタイプは、ちょっとしたことですぐ恋に落ちてしまうため、四六時中トキメキが止まらない、なんてことがありがちです。また、同時並行でたくさんの相手に恋をしてしまい、誰が本命かわからなくなることも。恋愛体質ナンバーワンは、恋愛問題を起こしやすい人ナンバーワンでもあるのです。

第2位 結婚線が複数出ている……恋に生きるキラキラ恋愛体質

 結婚線とは、小指のつけ根と感情線の間にある、横に伸びる線のこと。結婚線がたくさんあって、そのどれもが薄い線の人は、結婚よりもむしろ恋に生きたい恋愛体質。生涯一度の大恋愛を経験するのもいいけれど、キラキラしたアバンチュールをたくさん重ねたほうが刺激的で楽しい人生が送れるはず。そんな風に思っているでしょう。実際、この手相を持っている人は異性を惹きつける魅力があるため、相手には事欠きません。望み通りの恋多き人生を歩んでいけそうです。

第3位 金星丘が発達している……身も心も燃える! 恋愛体質

 金星丘とは、親指のつけ根の横に広がる、ふくらんだ部分のこと。金星丘がふっくらと大きく盛り上がっている人は愛情エネルギーが豊かで、性的関心も高い恋愛体質です。このタイプは、一度火がつくと後戻りできなくなるところがあり、四六時中恋愛のことばかり考えてしまいます。相手に脈がありそうだと思えば、積極的に気持ちを伝えて、男女の関係に持ち込もうとするでしょう。ちなみに、金星丘に格子状の線が出ている人はアプローチ上手なので、ラブハンターの異名をとることもありそうです。

 「感情線が月丘(小指側、手首の上あたりのふくらみ)まで伸びる」手相の持ち主も、かなりの恋愛体質です。ただ、このタイプの場合、相手が二次元であることも多いため、あえなく選外に。

 また、「金星帯(人差し指と中指の間から、薬指と小指の間を結ぶ半円状の線)」が出ている人も、恋のムードが大好きな恋愛体質ですが、金星帯は持っている人が少ないため、こちらも選外にしました。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事