血液型【ケンカしても謝れる】ランキング AB型は自分が謝ったほうが得策と考えるタイプ!

 誰かとケンカしたとき、自分から謝るほうですか? 悪かったと思っていても、なかなか素直に謝れないという人も多いのではないでしょうか。ケンカをしたときに自分から謝る人を、血液型でランキングをみてみましょう。

第1位 A型……険悪なムードを察した瞬間、自分から謝る

 協調性があり、周囲と協力して物ごとを進めていくタイプのA型。ケンカになりそうな険悪なムードになった途端に、自分から「ごめん、ごめん」と謝ります。自己主張はさほど強くなく、ケンカするぐらいなら自分が謝ったほうがマシだと思っているからです。ただし、この謝罪が本当に心の底からのことかどうかはわかりません。口先だけ、ということも考えられます。

第2位 B型……自分にも非があったかも、と思い直して謝る

 意地っぱりなところがあり、自己主張もはっきりしているB型。ですが基本的には、無邪気で根に持たない性格です。ケンカしても少し考えて、やっぱり自分のほうにも悪いところがあったかな、と思ったらあっさりと非を認めます。謝ることをためらったりはしません。ケンカしてもすぐ仲直りができるタイプです。

第3位 AB型……自分が謝っておいたほうが得策、と考える

 客観的に物ごとをとらえ、冷静な判断ができるAB型。感情表現が少なく、周りからは冷たい人と思われることも。ですが本来、争いごとは好みません。仲直りするきっかけがなく、ケンカが長引きそうになったとき……これ以上面倒なことにならないうちに、と自分から謝って終わりにします。今後のことや損得を考えたうえでの策、という感じです。

第4位 O型……意固地になり、自分からは謝らない

 おおらかで気さくな人柄ですが、現実的でかなりの理論派なところがあるO型。こうと思ったら、自分の主張はなかなか曲げないし、折れることもありません。ケンカになったときも頑固なので、自分から謝ることはめったにないでしょう。ただ基本的には楽観主義なので、長いこと恨み続けたり、根に持つことは少ないようです。

 ケンカが長引いて、自分からさっさと謝っておけばよかった、と後悔したくはないですね。傷口が広がらないうちに、ほんの少し勇気を出して「ごめん……」がいえるようにしたいものです。
(望月アンシア)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事