12月23日は蟹座の満月 今年の嫌な思い出を手放し、気持ちよく2019年を迎えよう!

 12月23日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】蟹座
【満月になる時刻】12月23日2:49
【蟹座満月のキーワード】「家・居場所」「感受性」「愛情や絆」「身内」「母性・養育」……etc.

 2018年も終わりに近づいてきました。今年最後の満月は、感情を司る蟹座で迎えることとなります。

 蟹座は「無条件の愛」にあふれた感受性豊かな星座。近しい身内や親しい友人を大切にし、心地いい生活環境を作る能力を私たちに授けてくれます。

 そんな今回の蟹座満月が起こる部屋は、変容をうながす8ハウスです。自分の身の回りや生活環境を、いつもよりディープに根本から変化させることに光を当ててくれます。心の奥底に残った「嫌な思い出」や「忘れたいこと」なども、この満月で一掃できるのが理想的。年末に向けて、物心両面における大掃除のような、手放しを検討するには最適なタイミングとなるでしょう。

 また、金銭や財産のことにも力が注がれる星回りなので、1年間のお金の動きを見直してみるのもオススメです。

 2018年最後の満月に、今年で手放すべきものをしっかり定めて改善を誓ってみましょう!

蟹座満月にオススメの手放しテーマ

 蟹座の満月は、「感情」に関すること全般や、「記憶」に関しての手放しに最適です。プライベートタイムを過ごす「住居」や「家族」に関しての問題なども、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。

★蟹座満月の手放しテーマ★
「感情的な不安に流されてしまう」
「部屋中にいらないものがたくさんある」
「変化することや新しいことが苦手」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

蟹座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような蟹座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★蟹座満月の改善ワーク★
「パートナーを愛情深く包み込める存在になる」
「居心地のいい生活環境を楽しみながら作る」
「家族とのいい関係を築けるようになる」……etc.

 手放し&改善ワークは月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行うのがオススメです。万一、曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取りましょう。

 満月はもともと「人と会って楽しく過ごすこと」に向いているときですが、蟹座満月は、心を許せる親友や家族と一緒に過ごすのがオススメです。特にこの日は、アットホームで親密なムードに癒やされる特別な夜となるでしょう。奇しくも今回の満月は、クリスマスイブ前日の祝日となります。2018年最後の満月に、ステキな思い出をつくりましょう!

 この満月を過ぎた頃からは、人々の気持ちも一気に年末ムードへ変化していきます。来たる2019年を居心地のいい安心できる環境で迎えられるよう、この満月で1年分の手放しをしてみてください。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事