血液型【鍋パーティー】あるある A型は鍋奉行、O型は食べる専門に化す!

 寒い季節に食べたいものといえば、おでんや水炊きといった鍋料理! 1人鍋ができる商品も増えてきましたが、友達や家族と囲む鍋はおいしいし楽しいですよね。あなたはみんなで鍋を囲むとき、どんな役割になりますか? 鍋あるあるを血液型別に紹介です。

A型……鍋奉行

 仕切ってその場を回すのが得意なA型。みんなで鍋となると鍋奉行をかってでるでしょう。参加者全員に、ベストタイミングで食べさせたいと思っています。鍋の中にアクをみつけると、徹底的に取らないと気がすまないでしょう。そしてシメの雑炊まで仕上げて。自分の仕切った鍋をみて惚れ惚れするのです。

B型……食べずにひたすらしゃべっている

 みんなで集まってわいわいするのが好きなB型。鍋の会となると、みんなと話せることがうれしくて仕方がないのです。そのため鍋を食べるのも忘れ、おしゃべりを楽しみます。いざ食べようと思ったときには、盛られたお皿の中身は冷めているのです。お目当ての具材がなくなっている、なんてことも少なくないでしょう。

O型……食べる専門! シメの雑炊までしっかり完食

 食いしん坊のO型は、鍋奉行に従って食べることに専念するタイプ。とにかくおいしく食べることができればご機嫌です。ベストなタイミングで指示してくれたり、お皿に盛ってくれる鍋奉行に感謝しています。そして〆の雑炊もしっかり完食! 最後の最後まで鍋を満喫しているO型なのです。

AB型……真っ先に盛って、それ以降は鍋をつつかない

 潔癖な面のあるAB型は、家族やとても仲のいい人以外と鍋をつつくことをよしとしていません。仲間で鍋をやるとなっても、あまり乗り気ではないでしょう。そのため、鍋ができあがったら真っ先にたくさん盛って、それ以降は鍋をつつくことはしないでしょう。鍋をつつき合える相手というのは、AB型にとって信頼の証なのかもしれません。

 これから年末に向けて宴会が増えます。みんなで鍋をつつき合うことで、絆も深まります。話のネタに困ったら、今回のそれぞれの行動をネタにして、飲み会を楽しみましょう!
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事