12星座【今の世の中が生きづらい】ランキング 獅子座は「みんなが主役」でやりづらい!

12星座【今の世の中が生きづらい】ランキング 獅子座は「みんなが主役」でやりづらい!

 時代には、その時代をかたちづくっている特有の空気感があります。この空気感と自分の個性が合わなかったりすると、自分らしさをうまく発揮できず、生きづらさを抱えることになってしまいます。星座の特性から、今の世の中に生きにくさを抱えている、あるいは抱えやすい星座をランキングでみていきましょう。

第1位 獅子座……「みんなが主役」でやりづらい

 ありがたくないランキングの第1位は、プライドの高い獅子座。百獣の王ライオンのように、獅子座は自分が属する社会のトップの座を占めていたい人。「この町一番の美人」でも、「この部署きっての物知り」でも何でもいいのです。とにかく一番でいたい。主役でありたいのです。しかし悲しいかな、現代社会は平等意識が強く、「誰もが主人公」という風潮。横並びの同等扱いに耐えられない獅子座は、生きづらさを抱える日々なのです。

第2位 牡牛座……スピード社会についていくのが大変

 今の時代は、とにかく変化のスピードが速いです。価値観はどんどんくつがえされ、昨日の常識が今日の非常識になったりすることも日常茶飯事です。不変の大地を象徴する牡牛座にとって、そうしためまぐるしい移り変わりは、不快以外のなにものでもありません。次々飛び込んでくるニュース、朝令暮改を繰り返す上司、続々とたまっていくメールの山に埋もれて、腹が立つやら虚しいやら。少し落ち着かせて……と涙目の毎日なのです。

第3位 蟹座……おうちにいたいのに、いられない

 「一億総活躍」のもと、誰もが社会で活躍することが期待されている現代社会。それはそれでいいのですが、「おうちでのんびり」したい蟹座にとっては、少し迷惑な風潮かも。そもそも蟹座は家庭を象徴する星座であり、バリバリ社会に出て働くことにそれほど意義を見いだせない傾向があるのです。長期休暇を取るたびに白い目で見られ、専業主婦を満喫していると「引きこもり」と糾弾されて、「居場所がない感じ」にさいなまれてしまうのです。

 第4位は、情熱的な蠍座。愛する人に全身全霊を捧げたいのですが、それをすると「重い」といわれ、少し粘ると「ストーカー」呼ばわりされたりも……。どうすりゃいいんだと、途方にくれる毎日なのです。第5位は、みんなにいい顔をしたい天秤座。価値観が多様化している現代社会では、こちらを立てれば、あちらが立たずで悪戦苦闘。しかも天秤座は、受け身体質で自ら行動を起こせないところも、生きにくさに拍車をかけているでしょう。

 第6位は、白黒つけたい牡羊座。あいまいなことが嫌いなため、グレーゾーンが多い今の世の中には腹の立つことが多いです。また、リアル世界の住人なので、バーチャルなことがらが理解できず、イライラが募ります。第7位は、完璧主義の乙女座。不完全なものに対する苛立ちが強いタイプであるため、日々のニュースに触れるたび、この世界に激しく幻滅してしまいます。暴力と不平等がとくに許せません。

 第8位は、夢見がちな魚座。ルールや規律を守ることが苦手なため、管理社会の中では何かとはみだしてしまいがちです。ただ、ネットの海では誰よりもスイスイ泳いでみせます。第9位は、分別のある山羊座。社会性が発達しているので、どんな社会でもそれなりに順応し、活躍できるタイプです。ただ、個性的すぎる集団の中にいると、方向性を見失って息苦しくなってしまうかも。

 第10位は、冒険心旺盛な射手座。ワールドワイドに活躍したいタイプなので、グローバル化が進んだ世の中は比較的生きやすいと感じています。何でもアリの世界観で、多様化する社会にどんどんポジションを作っていきます。第11位は、好奇心旺盛な双子座。頭の回転が速く、情報収集力があるのが強みです。退屈を嫌うため、刺激に満ちた、変化の多い今の世の中が性に合っているタイプです。

 そして第12位は、進歩的でユニークな個性を持つ水瓶座。グローバル化、情報化が進み、さまざまなことがらがボーダーレスになっていく現代社会において、水瓶座ほどイキイキと本領を発揮できる星座はほかにいません。論理的な頭脳と自立的な生き方は、どこに行っても歓迎されるでしょう。今後も水瓶座らしい生き方を貫いて充実した人生を送っていきましょう。

 21世紀は「水瓶座時代」であるといわれています。つまり、「自由・平等・博愛」の時代です。「生きづらい」タイプの星座は、こうしたことを頭の片隅に入れておくと、世渡り力がアップして、生きづらさが少し和らぐかもしれません。
(夏川リエ)

12星座のトリセツ!

占いTV NEWSオススメ番組
星座バラエティ『12星座のトリセツ!』

星座ごとに性格・恋愛・結婚・仕事まで徹底解説!
私とあの人の意外な一面知りたくない?

オンデマンド放送を見る

記事が気に入ったらシェア

関連する記事