【8月の開運壁紙】恋愛運は「冠雪の富士山」、仕事運は「真夏の太陽」で運気アップ!

――何気なく目にするスマホや携帯電話の待ち受け、パソコンの壁紙は、簡単に運気アップを狙えるツール。新しい1カ月、気持ちを切り替えると同時に壁紙も一新して、いい運気を取り入れましょう!

 8月は天盤の中央に「八白土星」が位置する月です。この星の象意は「山」。陽性の「土」の性質を持ち、名前の中にある「白土」は、変化や改革を望む性質をあらわします。8月はいいことも悪いことも含め、コツコツと積み上げてきたことが結果として表面に出てくる月です。自分の行いに自信のない人は、よく反省して早めに清算してしまいましょう。なかなか思うようにいかないときですが、自分にとって何が一番大切か、今一度しっかり自分の心に問いかけてみるといいでしょう。

 それでは運気別に、8月オススメの開運壁紙を紹介します。

恋愛運アップの壁紙……富士山の写真

 8月の恋愛運がいい方位は東。ちょうど八白土星と相性のいい「六白金星」が天盤の東位置にきているので、双方の要素を掛け合わせた「富士山」の待ち受けがオススメです。ちょっと季節外れになりますが、八白土星と六白金星の象徴である「白」が画面にあるほうがよりいい気をもたらすため、冠雪のある画像がいいでしょう。また、新しい出会いには「富士山と一緒に太陽が写っている」写真が◎。恋愛には「陽」の気を感じられる写真がいいので、曇天や雨などの天候の悪いもの、暗い色彩で撮影されたものは控えてください。

金運アップの壁紙……金山の写真

 金運においても、8月は東方位が特にいいです。こちらも八白土星の象意である「山」に関連するものがオススメですが、その中でも土の奥深くに金が眠る「金山」の写真がベスト。金が実際に眠る山であれば、海外でも日本でも、稼動していてもそうでなくても、どちらでもいいでしょう。画面に金鉱石が映っていなくても「金が眠っている山脈」であれば大丈夫です。臨時収入運だけ特化して上げたい場合は、「ハンマーなどの金を掘り出す道具」か、「作業中の鉱夫さんが一緒に映っている」写真を。金を掘り出し、すぐに手にできます。

仕事運アップの壁紙……真夏の太陽の写真

 仕事運には、「真夏の太陽」の写真が◎。五行により「火」は「土」を生じさせる性質がありますから、八白土星の月に自分が持つ能力やモチベーションを上げるためには、火の属性を持つものの写真が有効なのです。写真は望遠鏡や衛星で撮影し、太陽の縁から立ち昇る炎などもみえていると、なおいいでしょう。人間関係運アップに特化させたいのであれば、さまざまな惑星が写っている「太陽系宇宙」の写真やイラストを。多くの惑星が規則的に並んでいる画像が、職場に秩序や協調性をもたらしてくれます。

健康・ダイエット運アップの壁紙……鹿の写真

 健康運には、八白土星の属性を持つ「鹿」の写真を飾りましょう。鹿は、古くから「神の使い」とされている縁起のいい動物です。8月の運気と相性がいいため、鹿の生命力を感じる気を取り入れることで、身体の中から元気が湧いてきます。何頭も群れをなし、仲よく写っているものがいいです。ダイエット運をアップさせるなら「か弱いながらも、しっかりと大地に足をつけている小鹿」の写真がオススメ。無垢な瞳が自制心を呼び覚まし、欲望(食欲)にセーブをかけてくれます。

 巡ってくる運気と相性のいいアイテムを壁紙にすることで、その月の持つパワーをより効率よく受け取ることができます。7月に引き続き、8月も変化の多い月です。何が起こっても、心を乱さず壁紙に願いを込めれば、よりいい運気が巡ってくるでしょう!
(馬場小歌)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事