血液型【再起動に時間がかかる】ランキング A型は失敗の原因を考えすぎてフリーズ!

 何かにつまずいたとき、そのままフリーズしてしまう人と、素早く切り替えられる人がいます。この差は、どこからくるのでしょうか? 血液型の特性から「再起動に時間がかかる」タイプをランキング!

第1位 A型……「何がダメだったのか」を考えすぎてフリーズ

 優等生気質のA型は、失敗したらその原因を探ろうとします。なぜダメだったのかをハッキリさせて、同じ轍は踏まないよう気をつけたいと思うのです。しかし、その生真面目さがアダとなり、失敗を無駄に引きずる結果にも……。最悪の場合は、そもそも自分に実力がなかった、自分がうっかり者だからと自分を責め続け、再起動どころか再起不能になってしまうのです。

第2位 B型……新しい興味が見つからないとグダグダに

 マイペースなB型。物ごとに失敗した場合、もう一度トライしたらいけるかもしれないと、しつこく食い下がることがあります。または、ダメなら仕方ないと早々にあきらめ、次を目指すこともあるでしょう。前者の場合は、無反省で仕切り直しをしないため、ダメの更新を続ける可能性が高く、後者の場合は、都合よく次が見つかるはずもなく、グダグダになってしまうのです。

第3位 O型……プライドの修復に時間が必要

 ポジティブで自己肯定感が強いO型。少々の失敗にはくじけない、タフなハートの持ち主です。ただ、そんなO型でも人から後ろ指をさされるような赤っ恥レベルの大失敗をしてしまったときは別で、なかなか立ち直ることができません。粉々に砕け散ったプライドの中でフリーズ、別人のようなしょんぼり感をみせるでしょう。再起動するには、周囲のあたたかい応援が不可欠です。

第4位 AB型……潔くスマートに、サクッと再起動

 合理的でクールなAB型は、失敗に拘泥せず、あっさり気持ちを切り替えて、サクサク仕切り直しができる人。その圧倒的な再起動の早さは、「スマート」「潔い」といった称賛を集める一方で、「変わり身が早すぎる」などの不信感を生む原因にも。いずれせよ、自分をアップデートしていける適応力はAB型の真骨頂であり、AB型を最先端人間たらしめているのです。

 行動できる人は、その分、失敗も多くなります。失敗してもくじけず、再起動を続けていけば、いつかきっと成功を手にできるでしょう。人間的にも大きく成長できるはずです。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事