【手相占い】誰でも手相占い師に!? 手のひらの線の濃さと数を見るだけでわかる性格占い

 手相診断ができると、合コンやお酒の席で重宝します。歓迎会などのちょっとした余興にもいいでしょう。今回は、誰でも即席の手相占い師になれる、簡単な鑑定方法を紹介しましょう。

【鑑定の仕方】

teso-shuyo3sen

 手の平をパッと見たときの印象を大切にします。鑑定ポイントは「主要線が濃いか薄いか」「細かい線が多いか少ないか」です。

・主要線の濃さに、自我の強さがあらわれる
 主要線(生命線、知能線、感情線、運命線)の線が、指の第一関節の線と同じくらい濃い人は濃いと判断します。濃い人は自我が強く、薄い人は協調精神が旺盛です。

・細かい線に、心のきめ細やかさがあらわれる
 手の平全体に細かい線がたくさん出ていたら、線が多い人です。多い人は繊細、少ない人は大らかです。

 これらを組み合わせると、次のような診断を導くことができます。

主要線が濃い×細かい線が多い……人間的な幅がある強い人

 自力で人生を切り拓くたくましさと、繊細な感性を併せもつタイプ。強い姿勢で自分を貫く一方で、困っている人にはすすんで手を差し伸べる優しさもあり、多くの人から尊敬を集めているでしょう。とても頼りがいがある親分・姉御タイプなので、人をまとめる立場に身を置くことも多いはずです。ゆくゆくはかなりの地位に上りつめるかもしれません。年を重ねるほど人間的な幅が出てきて、豊かな人生を歩むでしょう。

主要線が薄い×細かい線が多い……感性豊かなデリケートな人

 控えめな気配り上手。細やかな感性を持っていて、美しいものに惹かれる傾向があるでしょう。また、人の気持ちに敏感で、目の前の人の思いが手に取るようにわかることも。誰かのために尽力したり、感情で勝負したりする仕事に高い適性があるようです。ただ、同化しやすいため、そうしたことを続けているとストレスを感じてしまうかもしれません。自己犠牲的ともいえる献身性は、長所にも弱点にもなるでしょう。

主要線が濃い×細かい線が少ない……大らかでポジティブな人

 目的に突進するアグレッシブさと、細かいことを気にしない大らかさを併せもつタイプ。チャレンジ精神が旺盛で、次々と新しい行動を仕掛けていきます。たとえ失敗しても、へこたれません。「七転び八起き」を地でいくでしょう。この人のポジティブ&大胆な生き方には憧れる人が多いはずです。一方で、自分勝手な行動がひんしゅくを買うこともありそう。周囲への思いやりを心がけると、人生が大きく広がるタイプです。

主要線が薄い×細かい線が少ない……無邪気で優しい人

 のんきなマイペースぶりが魅力的なタイプ。争いごとを避けるため、競争社会からイチ抜けしたり、自分の世界にこもる傾向があるでしょう。そのため、どこか浮き世離れしているキャラになりがちです。また、物ごとをありのまま受け止め、うがった見方をしないので、「素直な人」として多くの人気を集めることも。一方で、誰にでも優しいところが裏目に出ると、優柔不断のそしりを受けてしまうかもしれません。

 手相を見るときは、両手を見るのが基本ですが、なれないときは、右手を中心に見ていきましょう。ちなみに、左手の手相は生来の運勢、右手の手相は自分が作り上げた運勢となっています。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事

番組を見る