【新生活・風水カラーコーディネート】恋人との仲を深めるにはベッドまわりをピンクで統一!

【新生活・風水カラーコーディネート】恋人との仲を深めるにはピンクを、癒やし空間はパステル系で

 新しい住まい、新しい環境、新しい交流関係……新生活はあれこれと希望が膨らみますよね! 中でも自分の拠点となる家は、常に開運できる空間をつくっておきたいもの。今回は、ほしい運気を呼び込む部屋のコーディネートを、目的別に紹介します。

癒やされる空間……小物は少なく、パステルトーンでまとめて

 部屋全体を、穏やかな雰囲気にすることが大切です。パステル系のトーンでまとめ、色数も3色までに抑えましょう。ビビッドな強い色を使うと、気持ちが高ぶって疲れてしまいます。また、部屋にたくさんのアイテムがあると、神経が反応して刺激を受けてしまいます。統一性もなく何でも置いておくのはNGです。大好きな小物や置物なども厳選して数を絞り、ほかのものは極力見えないところに片付けてください。さらに、家具は角のあるものを避け、なるべく丸いデザインのものを。素材は革や木目、籐などの自然素材を選びましょう。ライティングは間接照明を利用するのもオススメ。

恋人との仲が深まる空間……ベッドまわりにピンクやベージュを配色して

 恋人の仲を常にいい状態に保つには、気持ちの切り替えができることが大事です。そのため、部屋にソファーベッドを置くのはNG。昼間や普段の生活ではソファーを使用し、ラブラブの時間はベッドに入るという、明らかなメリハリが必要なのです。ベッドまわりはピンク、もしくはベージュ系といった、やさしい色を選んでください。ブルーやグリーン系は鎮静作用があり、2人の気持ちの高まりを吸い取ってしまうので避けましょう。また、街中でも周囲の目を気にしないカップルなら、外の風景の写真やカレンダーを置くと、より気持ちが高まります。寝室を「2人だけのお城」と認識できるような部屋づくりが大切です。

元気になれる空間……ベースカラーはホワイト系、ポイントで赤を

 部屋のベースカラーをホワイト系、ベッドまわりはグリーン系にするといいでしょう。家具を置くならホワイトかメタリック系を。黒などの暗い色は、極力避けてください。さわやかで明るい空間をつくることで、何でもオープンにでき、人にも相談しやすい雰囲気づくりができます。尊敬できる芸能人や家族などの写真を部屋に飾るのも効果アリです。また、部屋の中が雑然としないよう、常に整理整頓に気を配ることです。片付いてすっきりした空間は、元気とやる気をもたらしてくれます。仕事のモチベーションを上げたいなら、デスクまわりに情熱を呼び起こす赤系のグッズを置いたり、赤色の筆記用具を使用してください。

落ち着いてリラックスできる空間……やさしいブルー系がオススメ

 心からくつろげる空間を演出するには、水色など、やさしいブルー系をインテリアのカラーに取り入れましょう。ブルー系の色は鎮静作用があります。もしくはベージュ系など、人間の意識に近く、安心感のあるアースカラーでもいいでしょう。ベッドまわりはグレー系で。あえて個性のない色を選ぶことで、自分のありのままの気持ちで安眠、熟睡することができます。また、自分の趣味のアイテムや好みの飾りなどを置くコーナーをつくり、生活空間の中に取り入れてください。それを見たり、使ったりすることによって気持ちがリラックスの方向に切り替わり、心を緩めた状態がつくられます。

 新生活や新しいことを始めた際、生活が落ち着くまでには、だいたい3カ月くらいかかります。最初はしっくりこなくて当たり前。コーディネートした部屋に3カ月住んでみて、それでも違和感があれば、初めて模様替えをしましょう。また、何があってもすぐに結論は出さず、その状況を一度受け止めてみてください。何ごとも急がず、気長に構えていくことが、ほしい運を手に入れる秘訣ですよ。
(鈴木浩司)

今までお話したのは、あくまで一般的な考え方。
人それぞれ運命が違うように、幸せになれる方法は人それぞれ異なるのです!
「占い×風水」で「あなただけの開運法」をお教えします。

記事が気に入ったらシェア

関連する記事