古代の魔力をチョコレートに込めて! ルーン文字を使ったバレンタインのマジカル・レシピ

バレンタインのチョコレートの準備はできていますか? 今回は「ルーン文字」の魔力で、チョコレートをパワーフードに変えるマジカル・レシピを紹介します。

ルーン文字とは?

古代ゲルマン地方で用いられた、魔力を持つとされる文字のこと。古代の人々は木片や石などにルーン文字を刻みつけて、神秘の儀式を行いました。マジカル・レシピでは、チョコレートの表面にルーン文字を描いて、願いをかなえるパワーフードに変化させます。

<用意するもの>
・チョコペン
・チョコレート<マジカル・レシピ>
用意いしたチョコレートに、チョコペンで自分の願いごとにあったルーン文字を描きます。

vdmagical

片思いの相手に振り向いてほしい……「ギューフ」を描いて

あの人を振り向かせたい。そんな思いに応えてくれるのが、別名「ラブルーン」と呼ばれる「ギューフ」。チョコの表面にギューフを描いて渡せば、ギューフがもつマジカルなラブパワーで、あの人の心をぎゅっとわしづかみにできそう。

今の関係を大切にしたい……「ウィン」を描いて

憧れのあの人に、そっと思いを伝えたい。今のいい関係を大切にしていきたい。そんな控えめな願いをかなえてくれるのは、祝福のパワーをもつ「ウィン」。押しつけがましくないように、あなたの存在を優しく印象づけてくれるでしょう。

恋人ともっと仲を深めたい……「イング」を描いて

「イング」のマジカルパワーは、愛と官能です。恋人と性的に盛り上がりたい、セックスレスから脱却したいときは、チョコの表面にイングを描いてみましょう。なお、イングには子宝を授けるパワーがあるともいわれています。

恋人とそろそろ結婚に進みたい……「ヤラ」を描いて

ルーン文字「ヤラ」には、物ごとを実らせるパワーがあります。そろそろ結婚したいと思っている人は、恋人へのチョコにヤラを描いてみましょう。ホワイトデーにはプロポーズを受けることになるかも!?

別れた恋人の愛を取り戻したい……「ユル」を描いて

冷え切ってしまった関係をよみがえらせたい。そんなあなたには、方向転換を促してくれる「ユル」のパワーが役に立ちます。でも、扱いは慎重に。もしかすると、戻りかけていた彼の心を逆転させてしまうかもしれません。

彼と楽しい時間を過ごしたい……「アンスール」を描いて

付き合いが長くなったり、結婚したりすると、会話がなくなってしまうことがありますよね。そんなときは、コミュニケーションを促してくれる「アンスール」の力を借りましょう。話が弾んで、いい空気が流れ出すはずです。

友達との絆を強めたい……「エオー」を描いて

大鹿の角をあらわす「エオー」は、友情や仲間による助けを導いてくれるルーン文字。友達との絆を強めたい。チームワークを強化したい。そんなときは、友達へのチョコにエオーを描いてみて。いい友情を築いていけるはずです。

職場の人に認められたい……「フェオ」を描いて

義理チョコにぴったりのルーン文字は、実りのパワーをもつ「フェオ」。上司や先輩にフェオを描いたチョコを贈れば、日頃の頑張りが認められたり、引き立ててもらえるようになったりしそう。フェオは金運の意味もあるので、昇給がかなうことも。

おまじないの総仕上げとして、成功のパワーを宿す「シゲル」を自分用のチョコに描いておきましょう。バレンタイン当日に食べれば、ルーン文字に込めた願いがかないやすくなるはずです! マジカルなバレンタインを楽しんでくださいね。
(月星七海)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事