早見表要らず 九星気学の本命星が3秒でわかる計算式

 占いに興味がある人なら「九星気学」は聞いたことがあるだろう。『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では月曜MCのななめ45°・下池輝明(38)が「下池輝明のダイエット道場」でダイエットに挑戦中だが、ダイエットをサポートする手段の一つとして「九星気学」の考えが取り入れられている。そこで琉球風水志・シウマが「九星気学」の本命星が簡単にわかる方法を紹介してくれた。

シウマのお手軽計算法とは

今までは、こうした早見表でチェックしていたが……
今までは、こうした早見表でチェックしていたが……

 九星気学は生まれた年によって一から九の本命星が決まるのが特徴で、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星という9つの本命星を使って占う。早見表を見て生まれ年から本命星を調べることが多いが、シウマは「本命星がすぐにわかる『12の法則』を編み出した」という。

 シウマの計算法では和暦の生まれ年を使い、平成も昭和もやり方は共通。答えの数字が本命星となるので、さっそく計算してみよう。

●2~11年生まれの人は12から生まれ年を引く
例)平成7年→12-7=5 五黄土星
  昭和11年→12-11=1 一白水星

●12年以降生まれの人は十の位と一の位の数字を足して12から引く。足した数字が12以上になる人は、出た答えをもう一度足し算して12から引く。
例)平成12年→1+2=3 → 12-3=9 九紫火星
  昭和59年→5+9=14 → 1+4=5 → 12-5=7 七赤金星

※平成元年生まれの人は昭和64年で計算すること。
※九星では立春から節分を1年と考えるため、誕生日が2月3日以前の人は、前年の九星で計算する。

 早見表がなくても九星が一発でわかる『12の法則』。占いを楽しむ際に、ぜひ活用してほしい。
(ニコ)

この記事の模様は

で視聴できます!

ピタットTVとは

  • 視聴者の相談

  • ゲストトーク

  • 話題の鑑定

6時間生放送!豪華占い師とともに、運気が上がる占い情報をたっぷりお届けする世界初の新感覚占いバラエティ! 今話題の人やみんなが気になってる事を占いの見方で話題にする以外にも、お笑い芸人や有名タレントをゲストに迎えてのトークや、視聴者の方の相談にその場で乗ってピタット解決するコーナなど、楽しさ満載です!

出演者

シウマ
★シウマ
動くことがすべて。琉球風水と数の魔法で運を味方にする、数字のスペシャリスト。

記事が気に入ったらシェア

関連する記事