1月2日は蟹座のスーパームーン満月 2018年の幸運を引き寄せよう!

 2018年1月2日は満月です。満月は達成、成就のとき。様々な結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?
【満月が起こる場所】蟹座
【満月になる時刻】1月2日11:24
【蟹座座満月のキーワード】「家族・身内」「家・居場所」「情緒・感情」「無条件の愛」「育むこと」……etc.

 2018年最初の満月は、蟹座エリアでのスーパームーン満月です。スーパームーンは、月が地球に最も近づいた地点で満月となる現象。通常よりも大きく見え、引力も最大になります。さらに「月」は蟹座の守護星。オウンサイン(本来の居場所)での満月となるため、普段の満月よりもパワフルに働き、感情・情緒なども敏感になります。

 そんな蟹座が象徴するものは「家」や「家族」。子どもなどの「愛情を注ぐ対象」や「守り育むこと」などにも強いエネルギーを持っています。心の支えになる存在や、愛し愛される関係性を作るのは蟹座の領域です。

 そのため今回の満月は、住環境や自分の居場所、家族、身内と呼べる心を許せる存在などのことや、自分の愛のあり方をしっかり見直すのがオススメ。2018年をどんな年にしたいか考えながら、環境や人間関係の「手放し&改善」を誓ってみましょう!

蟹座満月にオススメの手放しテーマ

 蟹座の満月は、「感情に関すること」や「プライベートの充実」を邪魔しているものの手放しに最適です。「家庭をつくることへの恐れ」なども、この満月で手放していきましょう。

蟹座満月の手放しテーマ
「不安定な感情にほんろうされやすい」
「弱いものや目下のものをいつくしむことができない」
「人見知りがひどくて引きこもる傾向がある」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

蟹座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような蟹座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

蟹座満月の改善ワーク
「情緒的な共感能力を高める」
「お互いに愛し愛される無条件の愛を手に入れる」
「自分のやわらかな感性を前向きに受け入れる」……etc.

 今回の満月は、家族や身内とよべる親しい人と過ごしましょう。過去のアルバムなどを見て思い出を振り返るのもいいでしょう。蟹座は身内や記憶を大切にする星座。幸せな思い出が何よりの元気の素となります。2018年のスタートをあたたかな思い出で満たしていきましょう。

 手放し&改善ワークは、そうしたあたたかな時間のあとに、1人でおこなってください。スーパームーンの月光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージを持つと効果的です。万一の曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

 蟹座が象徴する家や家族は、自分の土台でもあります。2018年はスーパームーン&オウンサインの強力な蟹座満月で、土台を調整できるスタートです。高まる月の引力にあやかって、最高の幸運を引き寄せられるよう意図していきましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事