12星座【目立ちたくない】ランキング 乙女座は「控えめに奥ゆかしく」がポリシー

 世の中には、「私を見て!」と全身でさけんでいるような目立ちたがり屋がいる一方で、できるだけ「目立ちたくない」人もいます。目立ちたくない人は、脚光を浴びることを極力避け、集合写真の立ち位置は、後方がお決まりでしょう。あなたは目立つことについてどう考えていますか? 12星座ランキングで見ていきましょう。

第1位 蠍座……「陰」ポジションを死守するタイプ

 蠍座は内にこもる性格で、表立つことをとにかく嫌います。大勢の前で表彰されるといった、誰もが喜ぶ晴れがましいシチュエーションでも、蠍座にはただ迷惑なだけ。スポットライトを当てるな、わーきゃー騒ぐなと、穴があったら入りたい気持ちでいっぱいに。たとえ根暗といわれようとも、「日陰の身」ポジションを好み、「その他大勢」に紛れ込みたがる、どこまでもロンリーウルフなタイプなのです。

第2位 乙女座……「控えめに奥ゆかしく」がポリシー

 慎み深く控えめで、神経が細かい乙女座は、「主役」になるのが嫌なタイプ。無遠慮な衆目にさらされることを極端に恐れているため、注目を集めるような事態になると、怯えて後ずさるか、必死の形相で逃げ出すのが常でしょう。サプライズなパーティーを贈られたとしても、喜ぶ気持ちはほぼわいてきません。大勢が見守るなかで、どう動けばいいんだとフリーズしてしまうのがオチなのです。

第3位 牡牛座……目立とう精神を理解できない

 穏やかな平和主義者である牡牛座は、好きなものに囲まれてのんびり過ごせれば、それで満足な人。自分の存在を世に知らしめたいとか、目立つことで誰かに打ち勝ちたいといった気持ちは一切もっていません。もぐもぐ草を食む牛のように、おいしいものを豊かに味わい、気持ちのいい自分の世界に浸ることが人生の喜び。他人の注目を集めるのは、むしろトラブルの元だと考えるタイプなのです。

 第4位は、天秤座。「和をもって尊しとなす」タイプであるため、目立って周囲から浮くのは、ありえないと思っています。第5位は、山羊座。人の注目を集めるパフォーマーより、後ろで糸を引くフィクサーでありたいタイプです。

 第6位は、蟹座。人の好き嫌いが激しく、嫌いな人からは「見られたくもない」タイプ。加えて恥ずかしがり屋です。第7位は、双子座。自分アピールに励むより、知的好奇心を満たすほうがよっぽどおもしろいし、重要だと考えています。

 第8位は、魚座。人前にしゃしゃり出たがる目立ちたがり屋ではありませんが、スポットライトを固辞することもありません。第9位は、射手座。「目立つこと」を目的にすることはなくても、結果的に目立ってしまう事案が多数。でも、気にしません。

 第10位は、水瓶座。「個性万歳!」のノリで、人目を引くのはやぶさかではありません。ときどき度肝だって抜いちゃいます。第11位は、獅子座。「目立つために生まれてきました」といっても過言ではないタイプです。アピール光線がまぶしいです。

 そして第12位は、牡羊座。「誰よりも目立つこと=偉いこと」であると信じ、昭和の暴走族なみのパフォーマンスを日夜繰り広げます。それが悪目立ちであろうと、目立たないよりは全然マシ。ハタ迷惑な自己顕示欲を思うままブンブン振り回し続けるのです。

 「目立ちたくない」人と、「目立ちたい」人。どちらがいい・悪いではなく、それぞれの個性です。お互いの個性を認め合って、楽しく生きていきましょう。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事

番組を見る