今日の運勢
11月19日(日) 1位 牡羊座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

とっても便利!12星座【もしも空を飛べたなら?】乙女座は飛び方教室開催、山羊座は飛行通勤!

12moshimo-sora

 もしもできたら……と想像することの中で、誰もが思うナンバーワンが、「もしも空が飛べたなら」ではないでしょうか。飛行機ではなく、自分の力で、自由自在に空を飛ぶことができたなら、何をしてみたいですか。12星座それぞれに聞いてみましょう。

牡羊座……断崖絶壁から飛んでみたい

 遊園地の絶叫マシンが好きな牡羊座。ぎりぎりの瀬戸際でアドレナリンがみなぎる一瞬がたまらないのです。牡羊座がもしも空が飛べたなら、してみたいのは、断崖絶壁からのダイブではないでしょうか。もちろんパラシュートなどつけず、身体1つで。身体が縮み上がるほど高く恐ろしい絶壁や、超高層ビルの屋上から、バンジー……ではなく、風切って飛ぶのです。最高の気分でしょう。

牡牛座……体重計の上でふわり、軽くなる

 空を飛べると知ったとき、牡牛座はその場でそっと飛んで、身体を持ち上げてみるでしょう。天高く飛ぶよりも、本当に1センチ身体が浮くかどうかが大事なのです。確かめてみないと信じられません。本当に浮くとわかったら、体重測定のときに、静かにふわりと浮いて、ほんのちょっとだけ体重を軽くしてみます。軽くなれたら、飛んだことは記憶から抹消しておきます。

双子座……上空で「人がゴミのようだ!」って言ってみたい

 空を飛ぶのは人類の夢。これまでも、さまざまなアニメやマンガの登場人物が空を飛んできました。双子座はそんな名セリフを言ってみたいと思うでしょう。たとえば混雑する都会の、はるか上空をゆうゆうと飛びながら、「人がゴミのようだ!」と言ってみましょうか。あるいは、「飛べないブタはただのブタだ」と言いながら、さっそうと飛び立つのも、楽しそうです。

蟹座……好きな人のそばにいつでも駆けつける

 もしも空を飛べたなら、蟹座が一番に思うのは、大好きな人のところにいつでもすぐに飛んでいける、ということでしょう。愛する恋人の元へ、あるいは遠くに住む年老いた両親のところへ、早朝でも夜中でも、いつでも駆けつけられます。本当に空が飛べたなら……と、今もときどき思うことがあるのではないでしょうか。蟹座はそれほどに、愛情深く、優しい星座なのです、

獅子座……世界一の有名人になる

 もしも空が飛べたなら、つまりそれは世界一の有名人になること、と獅子座は考えます。何しろいまだかつて、人類で身体1つで空を飛んだ者は1人もいないのですから。ふわりと空中に浮かぶだけで、人々の視線は釘付けです。す~いと空を飛んだ日には、世界中から取材が殺到するでしょう。空飛ぶ獅子座は、文字通りのスーパーマンになるのです。

乙女座……飛び方教室を開く

 自分が飛べると知った乙女座は、上手にキレイに飛ぼうと練習します。そして上手に飛べるようになったら、その技術を人にも教えたいと思うでしょう。自分だけが飛べればいいのではなく、みんなに飛ぶ喜びを感じてほしいと思うのです。特に、身体の不自由な人や子どもやお年寄りに、手をつないで身体を支えてあげて、一緒に空を飛んであげるでしょう。

天秤座……雨の日、濡れないように雲の上を行く

 もしも空が飛べるなら、天秤座は何をするでしょうか。たとえば、雨の日、天を見上げます。厚い雲の上には、明るい青い空が広がっているはず。せっかくオシャレして出かけたのに、雨で服や靴が濡れるのは面倒です。そんなとき、雲の上にひゅーんと飛んで、ピカピカに晴れ渡った雲海の上を飛んでいこうと思うでしょう。そんな風に、さりげなく飛べる力を使うでしょう。

蠍座……いつでもどこでも1人になれる

 もしも空が飛べるなら、蠍座は、1人になりたいときにその力を使うでしょう。地上では、どこにいても誰かがいます。1人になるためには、自室などに閉じこもるしかありません。でも空を飛べるなら、見渡す限り誰もいない、ただ広い空間に1人でいることができます。上下左右、前も後ろも、すべて「無」! なにもない空中で、蠍座は本心から本当の1人を味わうでしょう。

射手座……鳥と遊んだり、競争したり

 射手座が、もしも空を飛べたなら。誰よりも高く、誰よりも自由に、誰よりも楽しげに飛び回るでしょう。鳥と遊んだり、競争したり。蝶々やトンボと追いかけっこしたり。ゆっくり、ふわりと飛んだり、弾丸のように速く飛んだり。飛行機を追って、窓から中をのぞいて、手を振ってみたりしたいと思うでしょう。何だってできるはず。空想の中でもう何度も空を飛んでいるのですから。

山羊座……通勤が便利

 もしも空が飛べたなら、山羊座はまず、通勤が便利と思うでしょう。早朝、混雑する通勤電車に乗らなくても、渋滞の道を車で行かなくても、何もない上空を飛んでいけばいいのです。飛んで帰れるのですから、会社の帰りも楽です。「早く帰れる」ではなく、「終電を気にせず残業できる」と思ってしまうのは、仕事人間の山羊座の悲しい性でしょうか。

水瓶座……上空から見た風景写真を撮りに行く

 もしも空を飛べたなら、人類が今まで見たことのない景色が見えるはず、と水瓶座は考えます。たとえば、ドローンなどで撮影した上空から見た風景映像。都会の高層ビルの上からの風景や、広い公園を上から見下ろした風景、山や海などの自然を、俯瞰した構図で撮ってみたいと思うでしょう。飛ぶことそのものよりも、飛んで何ができるか、を考えるのです。

魚座……成層圏まで飛んでみたい

 12星座の中で一番、飛ぶ夢を見ているのは魚座かもしれません。夢の中で、想像の中で、魚座は何度も空を飛んでいるはずです。そんな魚座がもし本当に空を飛べることになったら、空高く、ずっとずっとはるか上の、成層圏まで飛んでみたいと思うでしょう。太陽に焦がれて飛んだイカロスのように、後先考えずに、まっすぐに天に向かって飛んでみたいのです。

 空を飛ぶ道具は古来、魔法道具の定番ですが、いつか科学の力で、身体1つで飛ぶことができるようになるのでしょうか。そんな日が来ることを期待しましょう。
(高橋桐矢)

フォローする
­­ ­­