12星座【もしも外国人だったら?】双子座はアメリカ人、獅子座はイタリア人!

12星座【もしも外国人だったら?】双子座はアメリカ人、獅子座はイタリア人!

12moshimo-gaikoku

 もしも、文化も言語もまったく違う、遠く離れた外国に生まれていたら……、誰もが一度は考えてみたことがあるのではないでしょうか。今回は、12星座がもしも外国人だったら、どの国のどんな人になりそうか、見てみましょう。

牡羊座……野生動物いっぱいの「オーストラリア」

 12星座イチの野生人、牡羊座がもしも外国人だったら。牡“羊”座だけに、人よりも羊のほうが多くて、カンガルーやコアラなど、野生動物もたくさんいる「オーストラリア」がぴったり。広大な草原で馬に乗ったり、動物とたわむれたりして、のびのびと過ごすでしょう。オーストラリアの自然や動物たちの写真を見るだけで懐かしく思ってしまうのは、前世の縁かもしれません。

牡牛座……石油が湧き出るアラブ首長国連邦の「ドバイ」

 牡牛座が外国人として生まれるとしたら。設備の整った先進国がいいし、けれどあまりにもオシャレな都会は気後れしてしまうし、といろいろ悩みそう。そんな牡牛座には、石油が湧き出る国、アラブ首長国連邦の「ドバイ」はいかがでしょうか。食べ物も娯楽も施設もなんでもそろっていて、女性が家庭内で大切に保護されていることもインドア派の牡牛座にはうれしい点でしょう。

双子座……楽しいことがいっぱいの「アメリカ」

 好奇心旺盛で行動的な双子座が外国人になるなら、一番しっくりくるのはやっぱり、楽しいこと大好きな「アメリカ人」でしょう。仕事でも恋愛でも、積極的に楽しもうとするお国柄が、双子座っぽいのです。何があっても、楽天的で前向きでフレンドリー。真面目な日本人社会は息苦しいと感じてしまう双子座は、自分は日本に生まれたアメリカ人なのだと考えてみては?

蟹座……憧れの「イギリス」

 なんだかんだ言ってミーハーな蟹座が、なりたい外国人は、「イギリス人」ではないでしょうか。不思議のアリスの国、ハリーポッターの国、紅茶とユニオンジャックの国。映画でも音楽でも文化でも、どんな分野でも洗練されていて思わず、ため息がこぼれます。そして、実は現実的で経済観念もしっかりしている蟹座は、イギリス人の合理的思考もすんなり納得できるでしょう。

獅子座……アモーレの国「イタリア」

 獅子座がもしも外国人だったら。一も二もなく、アモーレの国、「イタリア人」で決まりでしょう。明るくて情熱的。好物はピッツァ。恋愛至上主義。ロマンチストで感情的。もしかして、獅子座は日本人の皮をかぶったイタリア人なのかもしれません。そう思えば獅子座の、ついつい出てしまう大げさなジェスチャーも、イタリア人としてはかなり控え目なほうでしょう。

乙女座……質素堅実な「ドイツ」

 働き者で潔癖症の乙女座がもしも外国人だったら……。質素堅実な「ドイツ人」ならまったく違和感がありません。真面目な日本人と気質が似ているとも言われるドイツ人。乙女座を象徴する職業は看護師ですが、医学用語で使われるドイツ語に、なんとなく親近感を感じたりしてしまうのではないでしょうか。乙女座には、真っ白でノリの効いたユニフォームが似合います。

天秤座……優雅な「フランス」

 12星座イチ、オシャレで、美的感覚の鋭い天秤座にふさわしいのは、「フランス人」でしょう。フランスのパリは、世界の美とファッションの中心です。フランス人には確固たるこだわりがあると言われます。実は周りの影響を受けやすい天秤座。フランス人に生まれていたならば、誰よりもフランス人らしい、どこからどうみてもフランス人となることでしょう。

蠍座……情熱の国「スペイン」

 蠍座は、おとなしく見えますが、心の底に強く激しい情念を持っています。理屈や合理性では割り切れない、愛の人です。そんな蠍座らしさを発揮できるのは、情熱の国「スペイン」。蠍座は言葉よりも瞳で愛を語ります。強く輝く瞳で愛を踊るフラメンコダンサーのように。もしもスペイン人だったら、蠍座はもっとセクシーに情熱的に自分らしく生きることができるでしょう。

射手座……驚きと発見の国「インド」

 12星座イチの自由人である射手座が、もしも外国人だったら? エキゾチックなお香や小物に、なぜか心惹かれたりすることはないでしょうか。「インド人」だったら、射手座らしく自然体で違和感なさそうです。訪ねれば必ず驚きと発見があるというインドは、IT大国であり、紀元前からの悠久の歴史があり、とても一言では語れない国です。射手座もとても一言では語れない人なのです。

山羊座……国土が財産の「ロシア」

 山羊座は、目新しいものには魅力を感じません。クラシックにこそ、価値を見いだすのです。そんな山羊座が外国に生まれるとしたら。広大な土地と自然と独自の文化を持つ「ロシア」なら納得です。冬は凍土に覆われる厳しい自然には親近感を抱くでしょう。そして実はプライド高く負けず嫌いなところも、山羊座とロシア人の共通点かもしれません。

水瓶座……東西文化の交点の「トルコ」

 人と同じはつまらないと考える水瓶座。そんな水瓶座には、独自の文化を持つ、たとえば「トルコ人」はいかがでしょう。西洋と東洋の交点であるトルコでは、昔から独特の文化が栄えてきました。親日国家でありながら、まだまだ知られていないことも多い国です。多民族国家で、いろいろな人が交わりながら自然に生活している店も、水瓶座としてはポイント高いのです。

魚座……幸せの国「ブータン」

 魚座にはなんとなく不思議な現実離れしたところがあります。魚座がもしも外国人だったら、現世利益や物欲とは無縁な、幸せの国「ブータン人」です。国民総生産は低いかもしれませんが、幸せ度は一番です。魚座も、自分自身の独自の価値観で生活しています。もしも魚座がブータン人になったら、微笑みを絶やさず、日々平和になごやかに暮らすでしょう。

 もしも外国人だったらと考えてふと頭に浮かぶ国は、もしかしたら前世で住んでいたのでしょうか。それともこれからその国の人と結婚して、本当にその国の人になるのかもしれません。
(高橋桐矢)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事