今日の運勢
9月24日(日) 1位 蟹座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

克服法を伝授します!12星座【苦手な星座克服法】牡牛座はおいしいもので心を揺さぶって!

12-nigatekokuhiku

 人のことを悪く言ったり、嫌ったりしてはいけないと思っていても、どうしても解せない相手はいるものです。そんなあなたに「12星座別必殺克服法」を伝授しましょう。相手の言動の意味を知れば、仕方がないと思えたり、こうすればいいだけなんだという解決策が見つけられるはずです。

牡羊座……ナンバーワンにしてあげて

 些細なことであっても、二番手以降ではおもしろくないのが牡羊座。自分の一番の座が危ないと感じると、対抗意識を向けてくるでしょう。そんなときは、あなたの気持ちや賛否の意見は置いておき、「牡羊座さんにはかなわないなー!」と言ってください。本当はあなたが勝っていたとしても、「負けた=かなわない」と思っていることにしておけば、万事休すです。

牡牛座……おいしい食べ物で心を揺さぶって

 控え目で大人しい牡牛座は人一倍の頑固者。「いいよ」と言いながらも、心の中で反対しているときは、無言の圧力を与えてくるでしょう。そんなときは、頑張って説得したり、意志確認をしようとするよりも、「ありがとう」の気持ちをプレゼントで示してください。ちょっとしたお菓子でかまいません。あなたの誠意が伝われば、次回からは味方についてくれるかも!

双子座……約束に期待せずその場を楽しんで

 饒舌な双子座は口八丁手八丁になりがち。「知り合いに聞いておくよ」と言ってくれるものの、何の連絡もないままにフェイドアウト!? そんなときを想定して、期待はせず、「ああ言って励ましてくれたんだな」と解釈しましょう。双子座に悪気はないので、スルーすることがポイントです。本気で期待したいと思うなら、その場で日にちを設定し、具体的な約束を!

蟹座……情に訴えてみて

 面倒見がよくてやさしい蟹座ですが、一度嫌われたら一大事! 「敵印」を刻印され、疎外or攻撃されるでしょう。そんなときは、愛情深い蟹座の懐に飛び込むしかありません。閉ざされた心を開いてもらうには、蟹座の情に訴えかけましょう。話を聞いてもらえるように熱心に訴えてください。心で触れ合うことができれば、あなたへの信頼が生まれるはずです。

獅子座……特別な人にしてあげて

 自意識が強く、自分を特別だと思いたい獅子座です。行いをスルーされたり、ほかの人が注目されていると、「私だって」「私なら」と騒ぎ出すでしょう。そんなときは、面倒な顔をせず、「うん、そうね」と理解を装うことです。ここで余計なツッコミをすると、気分を害した獅子座のムードブレイクがはじまります。「子ども」を意味する星なので、そこは大目に見て!

乙女座……細かい気づきに感嘆してあげて

 細やかな気配りが自慢の乙女座。「ここはこうじゃない?」「あれ、直しておいたから」と細かい指摘が多く、「もう、まただよ!」と聞くたびに、粗探しをされている気分になることも。そんなときは、「ありがとう」と指摘を受け止めつつ、「助かる!」と言って手伝ってもらいましょう。だらしない自分をフォローしてくれる乙女座と崇め、甘えてしまうことです。

天秤座……調子を合わせてあげて

 場の空気を守る常識人でありたい天秤座は、周囲の人に合わせ、「あっちではこう」「こっちではああ」という、異なる言動を示すでしょう。そのことでショックを受けたり、ウソをつかれたと思うことがあるかもしれません。そんなときは、天秤座と対峙せず、調子を合わせておいて。その場に適合しようとしただけで、あなたならわかるはずだと思っていることも。

蠍座……小さな秘密を共有してみて

 秘密主義の蠍座は、人付き合いが苦手です。人の秘密は知りたいけれど、秘密は守りたいと思うので、人に対して探りを入れるような言動が目立ちがちでしょう。そんなときは無下にせず、誰に知られても問題のない小さな秘密をカミングアウトしつつ、蠍座の気持ちをゆるめてあげましょう。深入りはしなくても、安心感を抱いてもらうことで、付き合いやすくなるはず。

射手座……鉄同様、熱いうちに打ってあげて

 射手座はいつもすぐに行動するつもりでいます。「絶対にやりたい!」と熱心だったのに、次に会うと何ごともなかったかのように忘れ去られているのは、本気で「すぐに行動するつもり」だったからです。一緒にやる気になっていたのに拍子抜けという状況にならないためには、射手座の熱い語りの勢いのままに、すぐに行動しましょう。鉄と射手座は熱いうちが肝心です!

山羊座……メリットを匂わせてみて

 山羊座は、恋愛を含むすべてのことに現実的です。可能か不可能か、メリットやリスクの有無、損か得かを、いつも考えています。冷たい人なのではなく、現実的だからです。そんな山羊座を動かすには、メリットを匂わせるのが一番! 「私と組むとこんなに得するよ」「リスクはこんなに少ないんだよ」という切り口で、リターンを示しながら迫るといいでしょう。

水瓶座……発想の違いを認めてあげて

 宇宙人の異名を持つ水瓶座です。「なぜ、こんなときに?」「どうしてそういう考えになる?」とあきれ、言葉を失うことがあるでしょう。けれど意外にも、その発想の裏にはものすごい理論や理屈があるようです。それをすべて聞いてやろうというキャパシティーがあるなら理由を聞き、その余裕がないなら「ユニークだね!」「それは思いつかなかった!」と言っておいて。

魚座……悪役を買って出て

 よくも悪くもやさしい魚座は、実はそのやさしさを自負しています。だから余計に「NO」が言えず、意見が割れるときは、「どっちでもいいよ」になりがち。こういうシーンでイラッとしたときは、「じゃあ、私が決めるね」「こっちにしておきなよ」と、あなたのレコメンドに決めてあげましょう。ときに悪役を買うことになるかもしれませんが、それもOKということで。

 どの星座も悪気はありません。固有の特質が色濃く表面化すると、相手に迷惑な人と思わせたり、苦手意識を生んでしまうのです。でもこれはお互いさま。自分も誰かにそうしていることがあるので、「○○座らしい」と大目に見てあげたり、反対に、そこに甘えてしまいましょう。付き合い方でどうにでもなるのが人間関係です。
(LUA)

フォローする
­­ ­­