【パワースポット手相】土星の内省パワーが宿る「土星丘」、#印があると人生が安定!

psteso-02dose

――手相は、手の平の線だけではありません。「丘」も重要なポイントです。天体のパワーを受け取る丘は、「手の平のパワースポット」とも呼べる場所。ここに線や印があるかで運気がわかります。手の平をすぼめて、丘の相を見ていきましょう!

<第2回 「土星丘」>

psteso-dose
★キーワード……自制、内省、研究心、哲学、冷静、持久力
 中指のつけ根部分になる丘を「土星丘」といいます。この丘が発達している人は、土星のエネルギーが強く、孤独を愛するタイプで内省的です。また、旺盛な探求心の持ち主で、興味を持ったことを深く掘り下げていきます。忍耐強いため、逆境にあっても着実に乗り越えていくでしょう。一方、土星丘がしぼんでいるなど貧弱な人は、自制心に欠け、中途挫折しやすいようです。

【丘について】
 丘といっても、必ずしも丘のように盛り上がっているわけではなく、平らの人もいます。丘は全部で9つあり、それぞれに対応する天体の名前がつけられています。丘が発達している人は、対応天体のパワーが充実しているタイプです。

<土星丘にあるとうれしいサイン>

「ハリやツヤ」がある……集中力で成果を上げる

 土星丘全体にハリやツヤがあったら、物ごとに没頭する力が強くなっているサインです。作品制作や研究などにその集中力を使えば、着実に成果を上げていくことができそう。

「縦線」がある……自分の力で成功する

 土星丘の縦線は「運命線」であり、運命を切り拓く力を持つ人にあらわれます。この線がくっきりいれば、実力を発揮して充実した人生を送れるでしょう。ただ、薄い線が何本も出ている場合は、やりたいことがありすぎて心が定まらない状態かも。

「#の印(四角形)」がある……人生に安定感が出てくる

 短い線が組み合わさって「#」を形成していたら、これまで頑張ってきたことが認められ、人生に安定感が出てくるサインです。社会的ステイタスを得られるかもしれません。

「弓形の線」がある……内的世界の充実

 中指のつけ根を囲むように弓形に伸びる線を「土星環」といいます。この線が出る人は、自分の世界に没頭するタイプで孤独な作業が苦になりません。そのため、研究や創作の分野で成功する可能性が高いでしょう。

「△の印(三角形)」がある……直感力抜群

 短い3本の線で構成された三角形を見つけたら、直感が冴えています。物ごとの先が見通せたり、人の考えを正確に読み取れたりします。啓示が降りてくるなどスピリチュアル系になることも。

 土星丘にハリが出てきたり、うれしいサインがある人は、内的世界がますます充実していくでしょう。土星丘の悪い面である、マイナス思考に気をつければ、自分らしい満足度の高い人生を送れるはずです。次回は、「太陽丘」をお送りします。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事