【血液型別・上司攻略法】B型上司はユニークな部下好き 柔軟な発想が高評価に!

ketuzyoshi-b

――たとえ能力があっても上司との関係がうまくいかなければ、出世はおろか、思うように結果を出すことができません。職場が針のむしろになってしまうこともあるでしょう。そこで、上司の血液型別に、いい関係を築くための攻略法をご紹介します。

<第2回 B型上司>

B型上司のキャラクター

 フランクで気さくなB型上司。上下関係にあまりこだわらない、上司らしくないタイプです。柔軟な思考の持ち主なので、突拍子もないことを言い出したりして、職場に驚きと活気を与えるのが得意。気分屋で、朝令暮改は当たり前というところも。自由を好む性格から、部下には放任主義になりがちですが、結果は出して欲しがるでしょう。

B型上司の評価ポイント……おもしろい発想力

 自由人のB型上司は、自分と同じような柔軟でユニークな部下をかわいがる傾向があります。評価ポイントは、固定観念に縛られない、豊かな発想力でしょう。機転の利いた行動がとれて、おもしろいアイデアを生み出す部下であれば、有能な人材として取り立てるはずです。遅刻など、勤務態度が多少悪くても気にしません。

B型上司の怒りポイント……マイナス思考

 B型上司は楽天的なポジティブ思考の持ち主。たとえ業績が振るわなくても、「何とかなるさ」と思うことで、余裕のある行動が取れたり、斬新なアイデアを思いつくところがあります。そんな風なので、ネガティブなことばかり口にする心配症の部下にはウンザリ。イライラしてカミナリを落としてしまうかも。

B型上司との相性&攻略法

 B型上司は気分屋で、言うことがコロコロ変わるタイプ。また、人から干渉されることを極端に嫌うので、部下としては接し方がわからず、オロオロしてしまうこともありそう。そんな一筋縄ではいかないB型上司を攻略するにはどうすればいいでしょう? 各血液型の立場から見ていきましょう。

・B型上司×A型部下……相性60% もっと本音でぶつかって
 建前で武装するA型部下に、B型上司は不信感を募らせがち。もっと心を開いて、本音でぶつかっていきましょう。また、B型上司のマイペースさを笑って受け流す度量を養うと、一気にいい関係が作れるはずです。

・B型上司×B型部下……相性70% 上司のペースに合わせよう
 似たもの同士なので、接し方の勘どころがわかるのは強み。しかし、B型部下が自分のペースを優先し出すと、途端にギクシャクしてきそう。引き立ててもらいたいなら、B型上司のペースに合わせて。

・B型上司×O型部下……相性90% アイデア力をアピール!
 発想力のある部下を重用するB型上司に、O型部下は現実的なアイデアで応え、関係は良好。ただ、お互いに自説を譲らないところがあるので、意見がぶつかったときは要注意。引き際を心得ることがB型上司を攻略するコツ。

・B型上司×AB型部下……相性80% アシスタント能力を活かそう
 頭の回転が速く、何ごとも臨機応変に対応できるAB型部下は、抜群のアシスタント能力でB型上司の心をつかむ人。時々リップサービスを多めにして、上司の気分を盛り立ててあげると、さらにいい関係を築けそう。

 職場のルールよりマイルールを優先しがちなB型上司は、組織人になりきれないタイプ。マイペースな行動が目立つはずなので、そこをうまくフォローしてあげると喜ばれるでしょう。ただ、調子に乗って上司のやり方に口を出したりすると、一気にマイナス評価に転ずるのでご用心。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事