【手相占い】二足のわらじで大稼ぎも夢じゃない!? サイドワークに向いている手相ベスト3

【手相占い】二足のわらじで大稼ぎも夢じゃない!? サイドワークに向いている手相ベスト3

 多くの企業でサイドワーク(副業)の解禁が進む現在、隙間時間や特技を活かして増収に結び付けたい、と思っている人はたくさんいるでしょう。しかし、何でもそうですが、人には向き不向きがあります。あなたは仕事のかけ持ちをするのに向いているタイプでしょうか? サイドワークに向く手相を紹介します。

第1位 運命線が2本ある……2つの仕事で成功する

 「運命線」とは、中指のつけ根に向かって伸びる線のこと。始点がどこにあっても、中指に向かっている線はすべて運命線です。運命線は仕事運をあらわす線であり、現在の仕事の状態や今後の発展の仕方などを知ることができます。同じ太さの運命線が2本ある人は、サイドワークが成功するタイプ。本業とサイドワークを上手に両立させて、どちらの分野でも活躍できるでしょう。もし、同じ太さの運命線が3本ある人は、3つの分野で活躍できます。昼はカフェ勤務、夜はWEBデザイナー、合間にYouTuberといった具合です。

第2位 マネジメント線がある……管理、運営が得意

 「マネジメント線」とは人差し指下のエリア・木星丘から中指方面に向かって斜めに伸びる線のこと。この線がある人はマネジメント、つまり管理運営に特別の才能をもっています。サイドワークを行う場合、単純に考えても仕事の量が増えるため、スケジュール管理や体調管理ができなければなりません。また、複数のタスクを遂行するための計画性も必要になってくるでしょう。マネジメント線がある場合、こうしたことが難なくできて、サイドワークをうまく軌道に乗せることができるのです。

第3位 生命線の張り出しが大きい……体力がある

 「生命線」とは、親指と人差し指の間から、手首方面に向かってカーブを描くように伸びる線のこと。生命線のカーブが、中指の中央地点から垂直に下した線と同じくらいなら平均的、越える場合は「張り出しが大きい」タイプになります。生命線はその名の通り、生命力をあらわす線であり、張り出しが大きい人は生命力に勢いがあってパワフル! サイドワークをこなすだけの体力を十分に備えているため、たとえ徹夜が続いても何のその。驚くべきパワーを発揮して、ぐんぐん業績を伸ばすことができます。疲れ知らずが強みになるタイプです。

 「サイドワークに向いている手相」がなかったからといって、サイドワークに向いていないとは限りません。興味がある人は、自分の条件に合うビジネスにチャレンジしてみるといいでしょう。増収はもちろん、日々の張り合いがアップするかもしれません。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事